郵便局でキャッシュレス決済(ゆうパック・切手・レターパックなど)したらメチャお得だった!

2020年7月7日から、全国の主要郵便局でキャッシュレス決済が可能となったのはご存じだろうか? 切手代やゆうパック代などをQRコード決済や電子マネー、クレカなどで支払えるようになったのだ。そこで今回は、筆者が実際に郵便局で切手をキャッシュレス決済で買ってみたぞ!

7月から近所の郵便局でもキャッシュレス決済が可能に!

(Image:post.japanpost.jp)

 日本でもキャッシュレス決済が普及してきたが、ようやく日本郵便でも2020年7月7日から全国約8,500の郵便局でキャッシュレス決済が導入された。実はすでに2月から中央郵便局では始まっていたが、今後は近所の郵便局でも、郵便料金、ゆうパックなどの運賃、切手・はがき・レターパックなどの支払いにキャッシュレス決済が利用できるようになったというわけだ。
 対応するのはVisa、MasterCard、JCB、アメックスなどのクレカ、WAONやiDなどの電子マネー、Suica、PASMOといった交通系ICカード、そしてゆうちょPay、au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイなどのQRコード決済となっている。
 これまでは基本的に現金払いのみだった郵便局で、キャッシュレス決済によるポイント還元が受けられるのはありがたい話であろう。ただし、印紙や宝くじなど一部商品やサービスの支払いには対応しないので注意しよう。

■キャッシュレス決済できるのは?
・郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃
・切手、はがき、レターパックなどの販売品
※切手販売は、1回の取引において10万円が上限
・カタログ、店頭商品などの物販商品

【利用不可の商品・サービス】
・印紙
・宝くじ
・代金引換郵便物等の引換金
・税付郵便物の関税
・地方公共団体事務(各種証明書等の交付、バス回数券の販売などの受託事務)

(Image:post.japanpost.jp)

クレカは大手ブランドなら全部OK! 電子マネーもiDやWAONなどに加え、各種交通系ICカードも使用可能。また、QRコード決済は郵便局のゆうちょPayはもちろんau PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイなどを使用できる

郵便局でキャッシュレス決済(ゆうパック・切手・レターパックなど)したらメチャお得だった!のページです。オトナライフは、【マネーau PAYQRコード決済Visa LINE Payキャッシュレスクレカ日本郵便郵便局】の最新ニュースをいち早くお届けします。