iPhone SEで11やXSなどの上位機種でしか使えない物撮りポートレートやナイトモードを使う方法

iPhone SEのカメラはシングルカメラのため、複数のレンズを持つiPhone 11やXSなどの上位機種と比べると性能が落ちる。しかし、サードパーティーのアプリを使えば、上位機種でしか使えない機能も利用できるようになる。

物撮りポートレートを手軽に実現できる「Focus」

 iPhone SEには一眼レフカメラのように背景をボカして撮影できるポートレートモードがあるが、対応しているのは人物のみ。人物以外の被写体にカメラを向けても、ポートレートモードが有効にならないため撮影することができない。
 そこで使いたいアプリが「Focus」だ。これは撮影した写真の被写界深度を後から変更することができるアプリ。スライダーを調整するだけで背景のボケ味を調整できるので、誰でも手軽に一眼レフカメラのような写真に仕上げることができる。
 アプリにもカメラ機能があるので、このアプリひとつで一眼レフカメラのような使い方が可能。ただし、カメラは細かく設定できる分、ややとっつきにくいところがある。写真の背景をボカしてみたいという人は、標準カメラアプリで撮影してからこのアプリで加工する方がやりやすいだろう。
 このアプリは、背景をボカすといった基本的な機能はすべて無料で利用できる。有料のプロ版も用意されており、アップデートすると豊富に用意されたフィルターや編集機能が解放される。まずは無料でアプリを使ってみて、気に入ったらアップデートを検討してみてもいいだろう。

アプリを起動すると、カメラ画面が表示される。この画面ではホワイトバランスや明るさを調整して撮影することが可能だ。撮影済みの写真を編集するには、画面下部にある写真のサムネイルをタップする

写真の一覧が表示されるので、背景をボカしたい写真をタップする

写真が表示されるので、ピントを合わせたい場所をタップする。次に「レンズ口径」→「サイズ」を選択する

スライダーが表示されるので、つまみをドラッグする。右側にスライドするとボケ味が強くなり、左側にスライドするとボケ味が弱くなる

Focos

Focos

アマゾンで購入
NeuralCam NightMode

NeuralCam NightMode

アマゾンで購入

iPhone SEで11やXSなどの上位機種でしか使えない物撮りポートレートやナイトモードを使う方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidFocusiPhoneNeuralCam NightModeカメラナイトモードポートレート設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。