iPhone経由でiPadから電話をかける・うける方法 連携機能を設定しておくだけでなので便利

iPadを使っているときには、iPhoneが手元にないことが多い。そこへ電話がかかってきたらiPhoneを取り出さなくてはならないのが面倒なところ。そんなときは、iPadとiPhoneを連携させると便利。iPhoneを経由してiPadで電話の発着信が可能になる。

iPhone経由でiPadから電話の発着信をできるようにする

 iPad自体には電話アプリが搭載されていないため、セルラーモデルであってもそのままでは電話の発着信はできない。しかし、iPadとiPhoneの連携機能をオンにしておけば、iPhoneにかかってきた電話に出たり、iPhoneを経由して電話をかけたりすることができる。たとえば、iPhoneをカバンの中に入れたままにしていても、使っているiPadでかかってきた電話を受けることが可能だ。発信も可能で、iPadの連絡先アプリから相手を選択して発信したり、FaceTimeアプリで電話番号を入力して発信したりできる。
 このように、iPadで電話でのやり取りが可能になるので非常に便利。iPadを使うシーンが多い人はぜひ設定しておきたい。
 iPhoneとiPadの連携機能を使うにはいくつかの条件がある。まず、同じApple IDでiPadとiPhoneにサインインし、iPhoneで連携機能をオンにして連携するiPadを指定しておく必要がある。iPad側では、FaceTimeの設定で通話を有効にする。以上の設定を済ませておけば、連携機能の利用が可能だ。なお、連携機能を使う場合、iPadとiPhoneが同じWi-Fiに接続している必要がある。たとえば、iPhoneがセルラー接続、iPadがWi-Fi接続のように、別のネットワークに接続しているときは連携機能が利用できないので注意しよう。

はじめにiPhoneを設定する。設定アプリを開き、「モバイル通信」→「ほかのデバイスでの通話」をタップする

「ほかのデバイスでの通話を許可」をオンにし、連携させる端末をオンにする。これでiPhoneの設定は完了だ

つぎにiPadを設定する。設定アプリで「FaceTime」を開き、「FaceTime」と「iPhoneから通話」をオンにする

複数のiPhoneと連携している場合は、画面下部にある「発信者番号」で発信の際に利用する電話番号を選択する

以上の設定を済ませておけば、iPhone経由でiPadからの発着信が可能になる。iPadを使っているときはiPhoneが手元にないことが多い。そんなときでもすぐに電話の対応ができて非常に便利なので、設定がまだな人は設定しておいてはいかがだろうか。

※サムネイル画像(Image:DenPhotos / Shutterstock.com

iPhone経由でiPadから電話をかける・うける方法 連携機能を設定しておくだけでなので便利のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidFaceTimeiPadiPhoneWi-Fi設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。