Amazonの置き配で荷物が盗まれたらどうすればいい? 補償申請をする方法を解説

2020年3月から一部地域でAmazonの配達は「置き配(玄関)」が基本になっているのをご存じだろうか? でも、勝手に玄関に置かれて荷物を盗まれたり、急な雨で濡れた場合はどうすればいいのだろうか? そこで今回は、万一置き配で荷物が盗まれたとき、どのようにAmazonに補償申請すればいいか解説しょう。

2020年3月から大都市圏では置き配が基本に!

(Image:amazon.co.jp)

 Amazonでは、大都市圏で「置き配」がスタートしている。置き配とは、Amazonで注文した荷物を、従来のように玄関で本人に直接渡すのではなく、車庫、玄関、宅配ボックス、ガスメーターボックス、自転車のかご、建物内受付/管理人などに預けることができる新サービスだ。確かに、コロナ禍の影響もあって急激に宅配需要が増えたため、不在時に荷物を持ち帰る手間を省くことは歓迎されるべきことだろう。ところが、Amazonでは2020年3月から「置き配(玄関)」が、密かに標準設定になっているのをご存じだろうか? マンションの宅配ボックスや管理人ならまだ安心だが、勝手に玄関に置かれてしまうと誰かに盗まれてしまうかもしれないし、急な雨に濡れてしまう可能性もある。そんなとき、Amazonはどのように対処してくれるのだろうか? ちゃんと補償してくれるのだろうか?

(Image:amazon.co.jp)

まずは「今すぐチャットをはじめる」をクリックしてAmazonチャットで連絡してみよう。電話で問い合わせしたい場合は、電話問い合わせのリンクを押して電話番号を入力し、「今すぐ電話が欲しい」をクリックすればAmazonから電話がかかってくる

(Image:amazon.co.jp)

Amazonチャットは最初にAIが自動応答するので、画面下の「わかりました」をクリックする

(Image:amazon.co.jp)

「お問合せ内容を教えてください」では「注文した商品」を選択しよう

(Image:amazon.co.jp)

過去に、実際に注文した商品が表示されるので、盗まれた商品を選択する

(Image:amazon.co.jp)

ここで「届いていない」を押して、画面下の丸いアイコンを押そう。すると「カスタマーサービスの担当者におつなぎしますか?」と表示されるので、「はい」を選択すればリアルな担当者とチャットすることができる

Amazonの置き配で荷物が盗まれたらどうすればいい? 補償申請をする方法を解説のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazon盗難置き配補償】の最新ニュースをいち早くお届けします。