【Twitter】タイムラインに流れる動画の自動再生をオフにする方法 データ通信量を節約できる

「Twitter(ツイッター)」のタイムラインには、フォローユーザーのつぶやきのほか、プロモーション動画まで流れてくる。動画が自動再生されるのは楽だが、実は再生するたびにスマホのデータ通信量が消費されてしまうのだ。そこで今回は、Twitterのタイムラインで流れる動画の自動再生をオフにして、データ通信量を節約する方法を紹介しよう。

動画の自動再生は簡単にオフにできる!

 日本国内で4,500万人以上が利用すると言われているSNSの代表格「Twitter(ツイッター)」。Twitterではフォローしているユーザーのツイート、フォローしたユーザーが「リツイート」「いいね」したツイート、プロモーションツイートなどが次から次へと流れてくる。それらのツイートに動画やGIFアニメ画像が添付されていると、見るたびに勝手に自動再生されてしまう。いちいちタップしなくても再生されるのは楽だが、実は、動画が再生されるたびにスマホのデータ通信量がムダに使われてしまうのだ。とくにスマホの通信費を節約するためにデータ容量の少ないプランを契約している人は要注意。もちろん、動画の自動再生はTwitterの設定から簡単にオフにできるので、ここでしっかり確認しておこう。

ここではiPhoneでの設定方法を紹介するがAndroidスマホでも手順はほぼ同じだ。まずは自分のTwitterアカウントメニューから「設定とプライバシー」を選択する(左写真)。次に「データ利用の設定」をタップしよう(右写真)

データ利用の設定画面では「データセーバー」という項目がある(左写真)。ここをタップしてオンにすれば動画の自動再生は行われなくなる(右写真)

データセーバーや画像プレビューをオフに!

 Twitterのタイムラインに流れる動画を再生させないようにする方法を紹介しよう。まず、自分のTwitterアカウントメニューから「設定とプライバシー」を選択して「データ利用の設定」をタップしよう。次に「データセーバー」をオンにしする。これで動画の自動再生は実行されなくなる。ただし、データセーバーをオンにすると、「高画質画像」や「高画質動画」の読み込みも同時にオフになる。もし、“画像は高画質で見たい”と思っているなら、それぞれの項目でオン・オフを切り替えよう。また、データ通信量の節約という意味では、「Wi-Fi接続時のみ再生」という条件指定も有効だろう。是非お試しあれ!

「データ利用の設定」画面では、高画質画像、高画質動画、動画の自動再生を個別にオン・オフできる。たとえば「データ利用の設定」から「高画質画像」の項目をタップする(左写真)。ここでは「モバイルデータ通信とWi-Fi接続時」「Wi-Fi接続時のみ」「オフ」の3項目から選ぶことができるので、「Wi-Fi接続時のみ」か「オフ」に設定しよう

●Twitter(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:Adao / Shutterstock.com

【Twitter】タイムラインに流れる動画の自動再生をオフにする方法 データ通信量を節約できるのページです。オトナライフは、【SNSTwitterタイムライン設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。