【危険】実際やってわかった「楽天安全センター」からのメールは安全じゃなかった!

楽天ログイン画面とそっくりで見分けがつかない詐欺サイト!

 詐欺の手口を確認するために先に進めると、本物そっくりの楽天ログイン画面が表示された。これはヤバイ! 先ほどの警告画面が表示されなければダマされてしまいそうだ。ちなみに、偽サイトのドメインには日本の大企業が使うことはない「.xyz」が入っているので、すぐに偽だと判断できる。その先は、メールアドレス、住所、電話番号、生年月日などの個人情報とクレジットカード番号を入力する画面が表示される。さらに、家電量販店の通販サイトなどで必要なパスワードまで入力させるようになっていた。これを入力すると高額なカメラやパソコンを買い放題になるので、万一クレカ情報を入力してしまったら、ただちにクレジットカード会社に電話してクレカを止めてもらおう。
 ちなみに、楽天に限らず「ドメインが停止された」というメールを受け取ったら、メールのURLリンクをクリックしてはいけない。慌てずにブラウザを開いて本物のサイトにログインしてみよう。ログインできれば何の問題もない。たったこれだけで、ほとんどのフィッシングサイトを回避できるのである。

 

●楽天カード「不審メールにご注意ください」(公式)は→こちら

【危険】実際やってわかった「楽天安全センター」からのメールは安全じゃなかった!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフィッシング詐欺楽天詐欺】の最新ニュースをいち早くお届けします。