【マンション】リフォーム費用を半額にする方法があった 格安で仕上げもバッチリ!

新築で買ったマンションでも、10年以上住んでいればいろんな所が痛んでくる。もし、マンションを売却して住み替える場合は、ある程度リフォームして室内をキレイにしたほうが早く高く売れるのだが、その費用はバカにならない……。そこで今回は、実際に筆者が行った格安でも適切にリフォームできる裏ワザを紹介しよう!

リフォーム費用は50万円以上! どうする?

 筆者は10年以上住んだマンションを売却して、今住んでいるタワーマンションに買い替えた。筆者の部屋は比較キレイであったが、それでも10年以上住んでいれば室内はあちこちが痛んでいる。まず、壁紙は家具やエアコンを取り除くと、跡がクックリと付いていた。また、お風呂のバスタブは表面コーティングが剥がれている部分が黒ずんでおり、洗面所のボウルもひび割れ跡があってみすぼらしい状態であった。さすがにこの状態で売り出しても、内見での印象が悪すぎる。とくに水回りは奥さんが気にする部分だ。そこで、筆者は売り出す前に、これらをすべてリフォームすることにしたのだ。
 ところが、実際に工事料金を調べてみると、バスタブ交換は30万円前後、洗面ボウル交換は10万円前後、壁紙の張り替えは12万円程度、合計で約52万円もかかることがわかった。これはさすがに痛い……。そこで、交換ではなく再塗装という方法を選択することにした。再塗装は、あくまでも壁やバスタブに穴や大きな傷、水漏れなどがないことが条件になる。機能的に問題なければ見た目だけをキレイにすればいい。筆者は実際にこの再塗装によって、リフォーム費用を半額以下にすることに成功したのである。

10年以上経つとキレイに使っていても壁紙はかなり汚れている。とくにエアコンの跡はクッキリと……。でも、壁紙を張り替えずに、塗り替えることでキレイに元通りになった

こちらも10年以上使用したバスタブ。表面コーティングが剥がれて黒ずんでいる……。だが、バスタブそのものには傷や穴などがなかったので、再塗装してもらうことに! すると、まるで新品のような輝きが復活した

洗面所自体は汚れていないが、洗面ボウルにひび割れが……。ただし、水漏れはなかったので、こちらも再塗装してもらうことで、ツルピカに!

【マンション】リフォーム費用を半額にする方法があった 格安で仕上げもバッチリ!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフタワーマンションマンションリフォーム】の最新ニュースをいち早くお届けします。