セブン-イレブンとPayPayが提携! 7pay(セブンペイ)の悪夢から1年、今度は大丈夫!?

セキュリティの脆弱性により廃止となった「7pay(セブンペイ)」。あの悪夢から約1年、セブン-イレブンは公式アプリのQRコード決済に「PayPay(ペイペイ)」を搭載すると発表した。そこで今回は、気になるPayPayとセブン-イレブン公式アプリの提携で、何がどう変わるのかをレポートしたいと思う。 

PayPayのバーコードでセブン会員コード提示も可能!

 2020年8月11日、ソフトバンクグループのQRコード決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」は、セブン-イレブンと提携。セブン-イレブン公式アプリにPayPayのQRコード決済機能を搭載すると発表した。これにより、2020年10月から「セブン‐イレブン」公式アプリを開くと、アプリ上にPayPayの支払い用QRコード(バーコード)が表示され、セブン‐イレブン店舗でのQRコード決済が可能になる。この提携によるメリットは、セブン-イレブンの会員コードとPayPayの支払いが同時に完了することにある。つまり、わざわざ両方をアプリを起動しなくても、PayPay残高のQRコード支払いをすれば、PayPayのポイント還元(最大1.5%)と同時に、セブン-イレブン公式アプリの会員コードの提示でもらえるバッジやセブンマイル(税抜200円で1マイル)も同時に受け取ることができるのだ。これは便利!

(Image:sej.co.jp)

セブン-イレブン公式アプリにPayPayを登録すると、PayPay残高が表示される(左画面)。「支払う」をタップするとバーコード(QRコード)が表示されPayPayによる支払いが可能となる

(Image:sej.co.jp)

セブン-イレブン公式アプリは、当然セブン-イレブンのみで利用可能。また、PayPay残高へのチャージは、PayPayアプリが未登録の場合はセブン銀行ATMのみ可能となっている

PayPayとセブン-イレブンの双方がWin-Win!

 セブン-イレブンのQRコード決済といえば、2019年7月に自社のQRコード決済アプリ「7pay(セブンペイ)」の悪夢が思い出される。7payはセキュリティの脆弱性によって不正利用が多発したため、わずか1カ月後の8月には廃止を発表した苦い経験があるのだ。この経緯については『7pay(セブンペイ)はサービス廃止を決定! なぜこれほど短い期間で終了したのか?を参考にしてほしいが、さすがに、今回提携するPayPayで、そような悪夢が繰り返されることはないであろう。
 すでに3,000万超ユーザーを抱え、実績のあるPayPayの力を借りたセブン-イレブンは、かなり賢明な選択をしたといえる。もちろん、PayPayとしても、ライバルのau PAY(エーユーペイ)がローソンとタッグを組んで勢力を伸ばしていることもあり、セブン-イレブン・ユーザーを取り込めるのは十分魅力的であったに違いない。いずれにせよ、10月からどのようなキャンペーンが行われるか今から楽しみである。

●セブン-イレブン・ジャパン「「セブン‐イレブンアプリ」に決済サービス「PayPay」を搭載」(公式)は→こちら

 

 

セブン-イレブンとPayPayが提携! 7pay(セブンペイ)の悪夢から1年、今度は大丈夫!?のページです。オトナライフは、【マネー7payPayPayQRコード決済キャッシュレスセブン-イレブン】の最新ニュースをいち早くお届けします。