LINE Pay(ラインペイ)で「本人確認」して残高と支払い上限10万円を100万円にアップする方法

LINEユーザーならすぐに利用できる「LINE Pay(ラインペイ)」。しかし、10万円以上の支払いや友だちへの送金をする場合は、「本人確認」を行う必要がある。ここでは、LINE Payの本人確認をする方法を写真付きで分かりやすく紹介しよう。

「かんたん本人確認」は身分証明証と自分の顔を撮影!

 日本国内で約8,400万人が利用しているSNSアプリ「LINE」。そのLINEユーザーなら誰でもすぐに利用できるQRコード決済が「LINE Pay(ラインペイ)」である。だが、本人確認を済ませないと、残高限度額や支払い上限額が10万円に制限され、友だちへの送金などもできず何かと不便だ。そこで今回は、LINE Payの本人確認方法を紹介する。本人確認する方法は「かんたん本人確認」「銀行口座の登録」の2種類があるので、まずは「かんたん本人確認」のやり方から紹介しよう。
「かんたん本人確認」は、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証明証を撮影して登録する方法。LINEアプリの「ウォレット」から「LINE Pay」を開き、画面右上の「設定」をタップ。「スマホでかんたん本人確認」を選択する。次に、身分証の撮影と自分の顔写真を撮影するので、ガイドに従って作業すればよい。ただし、写真がブレて文字が読めないと通らないので、明るい場所で手ブレしないように気を付けよう。

LINEアプリの「ウォレット」から「LINE Pay」を開き、画面右上の「設定」をタップ(左写真)。「設定」画面で「本人確認」を選択する(右写真)

「かんたん本人確認」で「スマホでかんたん本人確認」を選択(左写真)。本人確認できる身分証明証を用意して「はじめる」をタップする(右写真)

ガイドの指示に従って身分証明証の表を撮影する。「表面の撮影に進む」をタップ(左写真)。枠内に身分証明証を収めると、この画面になるので写真がブレておらず、文字が確認できれば「次へ」をタップする(右写真)。やり直す場合は「再撮影」をタップしよう

意外と難しいのが斜めの写真。身分証を机に置かず、立てた状態の方が撮影しやすい(左写真)。そのあと身分証の裏面を撮影したら、次は顔写真の撮影になる。片目を閉じたり首をかしげるなど、かなり面倒くさいことに……(右写真)

本人情報を入力したら内容を確認して「申請する」をタップしよう。これで本人確認は終了(左写真)。約1時間後にLINEのメッセージで「本人確認が完了しました」と通知が来ればOK! ただし、写真が不鮮明だと再度やり直すことになる

LINE Pay(ラインペイ)で「本人確認」して残高と支払い上限10万円を100万円にアップする方法のページです。オトナライフは、【マネーLINE payQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。