スマホ決済できるAmazon Pay(アマゾンペイ)って何? メリット・使い方を解説

ネットですぐに何でも買えて便利な「Amazon」。そのAmazonにスマホ決済が可能な「Amazon Pay(アマゾンペイ)」があるのをご存じだろうか? ほかにもAmazon PayにはAmazon以外のECサイトの支払いでも利用できるなどのメリットがある。そこで今回は、まだあまり知られていないAmazon Payのメリットと使い方、使えるお店などについて解説しよう。

実店舗でもスマホのAmazon Pay払いが利用可能!

(Image:amazon.co.jp)

「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」「au PAY」など、世の中にはスマホで使える便利な決済サービスが溢れている。実は通販サイトのAmazonにも、スマホ決済ができる「Amazon Pay(アマゾンペイ)」があるのをご存じだろうか?
 Amazon Payとは、Amazonで登録されている決済方法(クレカなど)や住所・氏名などを利用して、Amazon以外でも簡単に決済できるシステムのこと。具体的には「実店舗でのQRコード決済」と「他のECサイト(ネット通販)の決済で利用」の2つの機能があり、Amazonの会員であれば誰でもすぐに利用できる。
 まず「実店舗でのQRコード決済」について説明しよう。これは「Amazonショッピングアプリ」を利用してQRコード決済できるシステムで、まさに「PayPay」のように、スマホでQRコードをかざすことでAmazonで登録したクレカ払いができるのである。ただし、実店舗で使えるお店は少なくコンビニで使えないのが痛い。筆者は郵便局で見かけたことがあるくらいだ。

Amazon Payを実店舗で使うときは、まずスマホで「Amazonショッピングアプリ」を開いて、画面左上の設定をタップ(左写真)。メニューの「プログラムと特典」にある「すべてを見る」を選択しよう(右写真)

メニューから「Amazon Pay」を選択(左写真)。すると決済用のQRコードが表示される(右写真)。「お支払い方法」で使用するクレカを変更することも可能

Amazon Payが利用できるECサイトの一部を紹介しよう。ここに載っていないサイトもたくさんあるので、対応サイトならAmazon Payを利用してみよう

スマホ決済できるAmazon Pay(アマゾンペイ)って何? メリット・使い方を解説のページです。オトナライフは、【マネーAmazonAmazon Payau PAYLINE payPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。