PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、LINE Payなど7社、不正利用に対する被害補償比較

「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」「au PAY」「LINE Pay」など、急速に普及してきたバーコード(QRコード)決済。アナタもコンビニやレストランなどで毎日使っているのでは? でも、もしスマホを無くしたりして不正利用された場合はどこまで補償してもらえるのだろうか? そこで今回は、スマホのバーコード(QRコード)決済の補償について詳しく紹介しょう。

原則全額補償が多いが中には10万円までの場合も!

 急速に普及してきたスマホ決済。だが、セブン-イレブンのQRコード決済「7pay(セブンペイ)」では大規模な不正アクセス被害が発生し、サービス開始からたった2カ月で廃止に追い込まれた事件は記憶に新しい。もし、スマホ決済で不正アクセスされたら被害の補償はどこまで受けられるのだろうか?
 もちろん、7payの事件後は、さすがに各QRコード決済サービス会社はセキュリティや補償規定を強化している。PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、メルペイなどは、利用者に重大な過失がなく運営会社と警察に届けを出せば、原則全額補償されるようなっている。ただし、FamiPayやLINE Payのように原則補償額を10万円までとしているところもあるのだ。一度は自分が利用しているQRコード決済の補償がどうなっているのか調べてみることをおすすめしたい。

●PayPay

60日以内にPayPayと警察に通知すれば、原則全額補償される。フリーダイヤルの専用窓口も用意されており、万一のときは安心だ

【補償】原則全額補償
※不正利用によって直接被った損害を補償する
※利用者に重過失があった場合を除く
【条件】不正利用されてから60日以内にPayPayと警察に通知する必要がある
【申請方法】
※不正利用時は24時間365日、フリーダイヤルの電話番号へ相談・問い合わせが可能
[PayPay紛失・盗難専用窓口]
電話番号:0120-990-633
[PayPayカスタマーサポート窓口]
電話番号:0120-990-634

●楽天ペイ

60日以内に楽天ペイと警察に申告すれば、原則全額補償される。電話は0570の有料ダイヤルだが、アプリ利用停止申請フォームは用意されている

【補償】全額補償
※不正利用された被害を補償
※利用者に重過失があった場合を除く
【条件】損害が発生した日から60日以内に楽天および警察に申告する必要がある
【申請方法】
[楽天ペイアプリご利用停止申請フォーム]
https://pay.rakuten.co.jp/static/entry/suspendresume/
[楽天ペイ カスタマーデスク]
電話番号:0570-000-348(ナビダイヤル)
受付時間:9:30~23:00

●d払い

ただちにドコモと警察に申告。30日以内に損害補填に必要な書類を提出すれば全額補償される。フリーダイヤルによる利用停止手続きが可能

【補償】全額補償
※不正利用より生じた損害の額に相当する金額を補てん
※利用者に重大な過失がある場合は補償されない場合もあり
※申告日から90日以前の不正利用は補償対象外
【条件】不正利用に気付いたらただちにドコモと警察に申告。損害発生を知った日から30日以内に損害の補填に必要と認める書類を提出する
【申請方法】
[My docomo]もしくは「ドコモ インフォメーションセンター」0120-800-000(受付時間:午前9時~午後8時)にて利用停止の手続きが可能

●au PAY

KDDIと警察に申告し、30日以内に損害補てんに必要な書類を提出すれば全額補償される。ただし、損害補てんの条件には本人の適正なIDやパスワードの管理が記載されており、やや厳しい印象

【補償】全額補償
※不正利用により生じた損害の額に相当する金額をau PAY 残高にて補てん
※利用者に重大な過失がある場合を除く
【条件】不正利用による損害を知った場合は直ちにKDDIと警察署に申告。30日以内にKDDIが損害補てんに必要と認める書類を提出すること
【申請方法】
[ポイント、au PAY (コード支払い)、au PAY プリペイドカードのお問い合わせ窓口]
電話番号:0120-977-964
受付時間:9:00~20:00(年中無休)
※利用停止の手続きのみ24時間対応している

●LINE Pay

原則10万円まで補償されるが、補償の範囲は30日以内となっている点は要注意。また、被害に遭ったら自分で機能を停止させて報告する必要がある。イザというとき電話連絡できないのは不安かも……

【補償】原則10万円まで補償
※警察の捜査状況によっては補償額を引き上げることもある
※30日以内の被害が対象
※利用者の重大な過失があった場合を除く
【条件】
直ちにLINE Payアプリ上から利用停止したうえで、LINE Pay運営事務局まで届け出る
【申請方法】
LINE問題報告フォームで問い合わせ
https://contact-cc.line.me/

●FamiPay

 

30日以内にFamiPayと警察に申告すれば、原則10万円まで補償される。ただし、パスワード等の管理に問題があると補償されない。また、申告から60日以前の損害は補償対象外となる

【補償】原則10万円まで
※60日以前の被害は補償対象外
【条件】ただちにFamiPayと警察に申告すること。30日以内に損害の補填に必要と認める書類を提出すること。被害拡大の防止のために必要となる措置を実施すること
【申請方法】
[ファミペイ・ポイントサポートページ]
https://qa.family.co.jp/famipay/s/
[ファミペイ・ポイントカードサポートセンター ]
0570-099-899(ナビダイヤル)
092-235-4544(固定電話)
※FamiPay(電子マネー)に関する問い合わせは24時間対応(年中無休)

●メルペイ

ただちにメルペイと警察に連絡して、アカウントやパスワードの無効化を行い、調査に協力することで、全額補償される。ただ、被害の相談を電話でできない点はやや不安が残る

【補償】直接かつ通常の被害額を補償
※メルペイが適当と判断したときは、不正利用により現実に発生した直接かつ通常の損害額を限度としてユーザーに補償する
【条件】ただちにメルペイと警察に連絡を行い、メルペイアカウントのログアウトやパスワードの無効化を実施。不正利用の調査に協力すること
【申請方法】
マイページか専用メールで問い合わせる
https://www.mercari.com/jp/help_center/article/602/

PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、LINE Payなど7社、不正利用に対する被害補償比較のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いFamiPayLINE payPayPayQRコード決済キャッシュレスメルペイ楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。