SNSなどのネット用語「禿」「定期」ってなに? おじさんなら分かる20年前の2ちゃん用語だった!?

これまでネットではさまざまなスラングが生まれてきた。とくに2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)などの掲示板だけで通じる隠語が、数多くのネットスラングの語源となってきたが、今でもおじさんたちの間ではSNSで普通に使われている。そこで今回は、ネットに溢れる代表的なスラングの意味を解説しよう。

突然「禿」「()」とメッセージが来た! これ何?

 アナタのところに突然「禿(はげ)」というメッセージが来たことはないだろうか? もし、相手から罵倒される状況にないなら、それは“激しく同意する”という意味である。「禿」は、もともと「激しく同意」→「激同」→「禿同」→「禿」と変化していったもので、決して頭が薄いことを揶揄しているわけでないのである。
 次に、「()」だけを付けている場合は何を意味しているのだろうか? 実はこれ、多くの場合で(笑)の“笑”を略しているのだ。笑いを意味するネットスラングには「w」や「草」などもあるが、()は、これらと同じ意味であると考えてよい。ところが、文章の後ろではなく単語の後ろに付くと意味合いが少し変わってくる。たとえば「有識者()」「ビーガン()」「作家()」なども(笑)を略しているが、やや嘲笑の意味合いが出てきて否定的な感じになるのである。最近では「似非(えせ)」や「なんちゃって」の意味合いで付けることもあるようだ。いずれにせよ、下手に()を使って無用な火種をまかないように。

【()の使用例】
「こんなだから有識者()とか言われるんだよ」※嘲笑する意味で使われている
「私ビーガン()だから、お肉はちょっと」※「なんちゃって」というニュアンスが含まれる

「禿」は“激しく同意”が変化したもの。決して禿の人を揶揄しているわけではない

SNSなどのネット用語「禿」「定期」ってなに? おじさんなら分かる20年前の2ちゃん用語だった!?のページです。オトナライフは、【SNS2ちゃんねるFacebookTwitterネット用語】の最新ニュースをいち早くお届けします。