濃厚スープが魅力の「天下一品」 さらに濃い“超こってり”がオーダーできるって知ってた!

箸が立つほどドロリとした濃厚スープが魅力の「天下一品」。京都発祥のラーメン店だが、今や日本全国に234店舗を構えるラーメンチェーン店に成長した。そんな天下一品にも、裏メニューや裏オーダーが存在するのだろうか?

こってりより濃厚な“超こってり”もある!?

 濃厚スープが魅力の「こってり」ラーメンでお馴染みの「天下一品」は1971年に京都で創業。2020年8月現在で日本全国に234店舗を展開するラーメンチェーンである。何を隠そう筆者も30年ほど前から天下一品ファンとなり、中年のおっさんになった今でも年に何度かは無性に食べたくなるのだ。そんな天下一品にも裏メニューや裏オーダーが存在した。
 天下一品には濃厚スープの「こってり」ラーメンだけでなく、サラリとしたスープの「あっさり」ラーメンもあるが、実は「こってり」と「あっさり」の中間「こっさり」が注文できるのをご存じだろうか? 現在は「屋台の味」としてメニューに載っているので「今日はちょっとこってりはキツい……」という日に注文してみよう。
 また、以前は通常より濃厚な「超こってり」が大阪の三国店などでオーダーできたが、現在は西日本の一部店舗でしか対応してもらえないそうだ。どうしても食べてみたいときは店員さんに「超こってりできますか?」と尋ねてみよう。さらに、旨味・コク・濃度の三拍子が揃った「絶品ラーメン(MAX)」も存在するが、こちらも西日本や東京の一部店舗限定なので、やはり「絶品ラーメン(MAX)ありますか?」と聞いてみるしかないだろう。

「こってり」と「あっさり」。その中間が「こっさり」だ。現在は「屋台の味」としてメニューに載っている。また、今回訪れた秋葉原店では販売終了となっていたが、太麺で白ごまや揚げネギ、肉味噌などを自分で加える「味がさね」もある

各店舗オリジナルラーメンは意外と多い!

 天下一品では店舗限定・期間限定のオリジナルラーメンも多数存在する。たとえば、京都総本店で有名な「牛すじラーメン」、五条桂店Rebootの「赤ラーメン」、ほかにも海鮮&野菜の「潮彩ラーメン」や「カレーラーメン」などを用意している店舗があるので、旅先で天下一品を見つけたら、限定のオリジナルラーメンがないがメニューをチェックしてみよう。
 また、天下一品の裏オーダーとして有名なのは「スープ多め」や「ねぎ多め」などがある。ただし、これらは現在100円~130円程度の有料サービスとなっていることがほとんど。もちろん、麺の茹で加減は無料で指定できるほか、「にんにく薬味ヌキ」もオーダー可能である。
 なお、天下一品では毎年10月1日(テン・イチ)の「天下一品の日」に、無料券進呈イベントが実施されていたが、残念ながら2020年はコロナ禍のために中止されることが決まっている。

かつては「スープ多め」や「ねぎ増し」といった裏オーダーも存在したが、現在は基本的に有料メニューとなっている

毎年10月1日(テン・イチ)の「天下一品の日」に実施されていた無料券進呈イベントだが、2020年はコロナ禍の影響で中止されることになった

●天下一品(公式)は→こちら

文=中川久/フリーライター

濃厚スープが魅力の「天下一品」 さらに濃い“超こってり”がオーダーできるって知ってた!のページです。オトナライフは、【グルメラーメン天下一品裏メニュー超こってり】の最新ニュースをいち早くお届けします。