宝くじグループ購入(共同購入)で高額当せんしたら絶対やってはいけないこと!

宝くじは、買った瞬間からムクムクと夢が膨らんでいくもの。「もし1等が当たったら何を買おう」なんて想像する人も多いのではないだろうか。そんな夢の一攫千金を目指して、親しい間柄で一緒に購入するという人もいるだろう。今回は、そんな「共同購入」の際に気を付けるべき点を紹介する。

分配額110万円以上は贈与税がかかる!

当せんしたときのため、正しい手順を調べておくのも大事なことだ

 共同購入とは名前の通り、グループメンバーと共同で宝くじを買うこと。「宝くじ公式サイト」のオンライン購入システムでも共同購入グループを作成できるなど、公式な制度としても知られている。共同購入のメリットはやはり、自分1人で買うよりも大量に購入できることだ。購入枚数が増えることで高額当せんの可能性が高まり、なにより当せん結果の発表を待つ間のワクワクする気持ちを仲間と共有し、期待感を倍増してくれることだろう。
 しかし、注意しなければならないこともある。高額当せんした場合、絶対に一人で当せん金を受け取りに行ってはいけない。グループを組んで夢を追いかけるほどの宝くじフリークであれば、念願叶って高額当せんを果たしたときに浮足立ってしまい、すぐにでも換金したいと思ってしまうかもしれない。だが、当たりくじを持った代表者が一人で当せん金を受け取ってしまうと、後日当せん金をメンバーに分配したとき、代表者からメンバーへの“贈与”とみなされ贈与税が課される可能性があるのだ。具体的には分配額が110万円を超えた場合に贈与税が発生し、最大で分配額の50%の税率が課される。例えば3人で宝くじを共同購入し、1等の1億5,000万円に当せんして3人均等に5,000万円ずつ分配したと仮定すると、贈与税で引かれる額や控除を加えて手元に残るのは半分以下の2,200万円となってしまうことになる。

宝くじグループ購入(共同購入)で高額当せんしたら絶対やってはいけないこと!のページです。オトナライフは、【マネー一攫千金共同購入宝くじ贈与税】の最新ニュースをいち早くお届けします。