カーナビに接続して使えるAndroid Auto(アンドロイドオート)とは? 使い方やメリットを解説

今や車のドライブに欠かせないカーナビ。でも、地図データが古くなると使いにくいし、むしろスマホのGoogleマップのほうが便利じゃない? なんてことも。そんなときは「Android Auto」がおすすめ! Android Autoは500車以上のカーナビと接続して利用できる便利なアプリ。カーナビはもちろん、音楽の再生や電話などもハンズフリーで利用可能。もちろん地図データは常に最新だ。そこで今回は、Android Autoの機能と実際に使ってみて感じたメリットとデメリットを解説しよう。

Android Autoって普通のAndroidスマホと何が違うの?

 アナタの車のカーナビは使いやすいだろうか? もう何年も地図データをアップデートしていなくて使いにくくなっている人も多いのでは? そんなときは「Android Auto(アンドロイドオート)」を使ってみよう。Android AutoはGoogleが開発したカーナビ専用アプリ。国産車や外国車も含め500車以上のカーナビと、USBやBluetoothで接続して利用することが可能である。今ではスマホ単体でも使用可能なので、とりあえずAndroidスマホユーザーはAndroid Autoアプリをインストールして使ってみてほしい。
 とはいえ、なかには「普通にAndroidスマホのGoogleマップの経路案内を使うのと何が違うの?」と疑問に思った人も多いだろう。筆者も実際に使ってみるまではそう思っていた。だが、Android Autoはカーナビに特化したアプリなので、ホーム画面はカーナビ・音楽・電話が表示されているだけで実にシンプルだ。もちろんGoogleアシスタントも利用可能なので「OK Google」で音声操作できる。少なくともAndroidスマホをそのまま使うよりは、カーナビとして非常に使い勝手がいいのである。

■カーナビはGoogleマップそのもの

Android Autoのトップ画面。カーナビ・電話・音楽に特化した実にシンプルなインターフェイス。まずはカーナビのアイコンをタップしてみる(左写真)。表示されたカーナビはGoogleマップそのもの(右写真)

■マップは常に最新データ!

車のカーナビはアップデートしないとマップが古いままだが、Android Autoなら常に最新の地図データでカーナビを利用できる。実はこれがいちばん大きいメリットかも?!

■車の標準カーナビに接続可能

🄫press.bmwgroup.com

国産車・外国車を問わず500車以上の純正カーナビと接続可能。USBケーブルかBluetoothによって純正カーナビのモニターにAndroid Autoが表示される(BMWのプレス写真より)

■音声によるコントロールが可能

設定から「OK Google」をオンしておけば、運転中もハンズフリーでAndroid Autoを操作できる。運転しながらでも、カーナビの目的地変更や音楽の再生なども楽チンだ

■スマホに保存した音楽を聴ける

音楽はスマホに保存してある曲を音楽プレイヤーアプリで再生できるだけでなく、Amazonプライム契約者ならAmazon Musicの曲も再生することができる

■いつでも電話をかけられる

スマホでいつでも電話をかけられる。もちろん、「OK Google」で呼びかければ自動的に電話してくれる。ちなみに、SMSメッセージの読み上げ機能なども利用可能である

Android Auto

Android Auto

楽天で購入

カーナビに接続して使えるAndroid Auto(アンドロイドオート)とは? 使い方やメリットを解説のページです。オトナライフは、【アプリAmazonプライムAndroidAndroid AutoGoogleマップカーナビ】の最新ニュースをいち早くお届けします。