まさかのスペルミス?! Google・ユニクロ・ローソン・TOTOなど意外な理由で決まった社名だった!

Google・ユニクロ・ローソン・TOTO……誰もが知っている世界的大企業たち。だが、その社名の由来は意外と知られていない。たとえば、アナタはあの「Google」の社名が、うっかりミスで今のGoogleになってしまったという話をご存じだろうか? そこで今回は、有名企業の社名の由来を解説しよう。

Googleは本当はGoogol(グーゴル)だった!?

 世界的な大企業の社名は、どのように付けられたものだろう? たとえば、誰もが毎日利用しているインターネット検索エンジンの「Google(グーグル)」は、元々“Googol(グーゴル)”になるはずだったのをご存じだろうか? Googolとは、10の100乗(1のあとに0が100個つく)=この世に存在する最大数の単位のことで、「膨大な数の情報から探したいものを見つけられるように」という意味を込めて検索エンジンのドメイン名に決めた。ところが、1997年にドメインを登録するときに、うっかりスペルを間違えて「Google」になってしまったと言われているのだ。
 今ではすっかり慣れ親しんだ「Google」だが、もし、このスペルミスがなく「Googol」で登録されていたら、今頃、ネットで検索することを「ググる」ではなく「グゴる」なんて言っていたかもしれない……。

(Image:Benny Marty / Shutterstock.com)

数多くある情報から探したいものを見つける……。スペルが違っていても、Googleはその社名通りに世界最強の検索エンジンである

UNIQLO(ユニクロ)も本当は「UNICLO」だった!?

 今や全世界に2,000店舗以上を展開する世界的企業に成長した「ユニクロ」。その英字の綴りは「UNIQLO」と書くのは皆さんご存じだろう。ユニクロの公式サイトによるとユニクロとは「Unique Clothing Warehouse」を略したもの。ユニーク(独自の)・クロージング(衣類)・ウェアハウス(倉庫)という意味で、“ほかでは買うことのできない良いカジュアルファッションを、お客様が自由に選び買うことができるブランド”という意味で名付けられたという。しかし、よく考えてみれば「Unique Clothing Warehouse」の略なら「UNI-CLO」になるのではという疑問が湧く……。
 実は、1988年に香港でユニクロの現地法人を設立した際、「UNI-CLO」の「C」を「Q」と間違えて「UNI-QLO」で登記してしまったらしい。しかし、柳井社長は「こっちのほうがカッコいい」と気に入ってしまったため、そのまま商標として採用されることになったのだとか。いずれにせよ、現在のロゴがカッコいいのは間違いないだろう。

(Image:sylv1rob1 / Shutterstock.com)

現在のロゴマークは2006年に佐藤可士和氏がデザインしたもの。やっぱり「C」より「Q」のほうがロゴとしてもしっくりくる

まさかのスペルミス?! Google・ユニクロ・ローソン・TOTOなど意外な理由で決まった社名だった!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoogleTOTOグゴるユニクロローソン】の最新ニュースをいち早くお届けします。