「デジタルマネー給与振込」導入で日本のキャッシュレス化は加速するか?

現在、日本国内において急ピッチで進められている様々な「デジタル化」。中でも「キャッシュレス決済」の促進は、日常生活の中でその変化を強く感じられる人もいるだろう。そしてキャッシュレス決済がさらに発展していくと、将来的には毎月の給与もデジタルマネー・電子マネーで受け取ることができるようになるのだという。
そんな近い将来に訪れる「デジタルマネー給与振込」について、そのメリットなどをご紹介していきたい。

デジタル化でキャッシュレス利用の手間を省こう

現在でもスマホなどで預金を電子マネーに変換できるが、そのひと手間すら不要に

 デジタルマネー給与振込とは、ビジネスパーソンの給料をこれまでの銀行振込だけでなく「電子マネーのかたちでも支払えるようにしよう」という動きだ。海外では既に制度として取り入れている国もあり、日本政府も実現に向けて法整備などを急いでいる。

 デジタルマネー給与振込のメリットは、電子マネー・キャッシュレス決済の利用が進むことだ。これまでキャッシュレス決済を利用するには給与が振り込まれた銀行口座から、電子マネーにチャージする必要があった。しかし最初から電子マネーとして振り込まれることで、チャージが不要となり利用促進につながることを狙う。さらに近年増加している外国人労働者も、開設に様々な条件のある銀行口座でなく簡単に扱い始められる電子マネーへ振り込めるようになれば、国として積極的な外国人労働者の受け入れにもつながるとも考えられている。
 一方で課題点として議論されているのは、利用者が思い立ったタイミングで「即現金化できるか」や、電子マネーが恒久的に価値を保証されるのかどうか「安全性の担保」だ。中でも、電子マネーの取扱業者が倒産するなどして価値が無くなってしまった場合の対応などが、導入への大きな壁となっているという。

「デジタルマネー給与振込」導入で日本のキャッシュレス化は加速するか?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYLINE payPayPayQRコード決済キャッシュレスデジタルマネー給与振込電子マネー】の最新ニュースをいち早くお届けします。