実は、Wikipedia(ウィキペディア)の記事がメチャ面白い! ミステリー記事ランキングBEST3

「あの言葉の意味は?」「あの人の生い立ちは?」といった辞書的な使い方から、「あの歴史ってどうなんだっけ?」といった教科書的な使い方まで、日常の“知りたい”を無料で教えてくれるWiki(ウィキペディア)。アナタも一度はお世話になっているだろう。Wikiの情報は必ずしも正しくないので鵜呑みにはできないが、暇つぶしに読むぶんには日が暮れるほど面白い記事も多い。そこで今回は、筆者おすすめの「Wikiミステリー記事ランキングBEST3」を紹介しよう!

(Image:ja.wikipedia.org)

【第3位】食事中に乗員全員が忽然と消えた!? 「メアリー・セレスト号事件」

 1872年12月、ポルトガル沖で無人のまま漂流していた一隻の船「メアリー・セレスト号」。第一発見者であるイギリス船「デイ・グラシア号」の乗組員らが船内を調べるが、誰一人見つからない。メアリー・セレスト号の乗員10名は、海上で忽然と姿を消してしまった。食べかけの朝食や、湯気が立ち上る淹れたてのコーヒー、火にかけたままの鍋を残して……。
 というのがあらすじである。いかにもミステリーなメアリー・セレスト号事件は、オカルトマニアの間では非常に有名な話。「乗員全員が謎の失踪、しかも食卓には温かい食事が残っていた」これは映画やドラマでもたびたびモチーフにされてきただけはあり、超常現象を想わせる不気味な話だ。しかし、残念ながら食事まわりのエピソードは後世に創作されたものであり、実際には食事など残っていなかったし、火にかけたままの鍋はなかったという。
 なお、1873年初め、スペイン沿岸に2隻の救命ボートが漂着。計6名の遺体が見つかったが、これがメアリー・セレスト号の乗員かどうかは謎のまま。仮にそうだったとしても、なぜ船から脱出し命を落とすことになったのか……証言者はいないため、真実は今も闇の中なのである。詳しくは→こちら

メアリー・セレスト号は、ニューヨークから出荷された工業用アルコールを積み、イタリア王国のジェノヴァへ向けて出航。乗員7人のほか、船長のベンジャミン・ブリッグズとその妻、娘の合計10名が乗っていたとされる(写真はWikiより転載)

実は、Wikipedia(ウィキペディア)の記事がメチャ面白い! ミステリー記事ランキングBEST3のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフウィキペディアミステリー】の最新ニュースをいち早くお届けします。