【YouTube】チャンネルアイコンの作り方から設定方法まで解説!

【YouTube】チャンネルアイコン作成におすすめの画像サイト

 YouTubeのチャンネルアイコンの作成やデザインに役立つ、フリー素材サイトやデザインサイトを紹介しよう。これらのサイトを活用すれば、自分で写真撮影やイラスト作成などを行わなくても、クオリティの高いYouTubeのチャンネルアイコンを作成できるぞ。

【1】O-DAN

https://o-dan.net/ja/

 「O-DAN」は複数のフリー素材サイトから、フリーで利用できる素材を横断して検索することができる。また、「O-DAN」は日本語に対応していながらも海外サイトの素材を検索することができるので、日本のユーザーにぴったりなサイトなのだ。

【2】PIXABAYピクサーベイ

https://pixabay.com/ja/

 「PIXABAY」も複数のフリー素材サイトから、素材を探し出すことができるサイトだが、アイコン画像やイラストなど様々な種類の画像をまとめて検索できる。また、検索時の設定で表示する検索結果の画像の種類を指定することもできるのだ。

【3】Canva

https://www.canva.com/ja_jp/

 「Canva」は画像の作り方がわからない方でも、画面表示沿ってデザインを行っていくことで簡単にYouTubeのチャンネルアイコンを作成できるサイトだ。特に、テンプレートがあるので作り方がわからない方は、テンプレートを利用するだけでYouTubeのチャンネルアイコンを作成できる。このサイトならば作り方がわからない方でも無料で、見栄えの良い作品を作ることができる。
 また、「Canva」はサイト内でフリー素材を検索することもできる。そのため、作り方がわからない方だけでなく、素材を探している方にもおすすめだ。

【YouTube】チャンネルアイコン作成における注意点

 YouTubeのチャンネルアイコンは自分で好きな画像を設定できるが、YouTubeのチャンネルアイコンを設定するときには注意点もある。YouTubeのチャンネルアイコンを設定しようと思った方は、YouTubeのチャンネルアイコンの設定時に注意しておきたいポイントを確認しておこう。

・YouTubeポリシーに違反する画像の利用はしない

 YouTubeには、利用者が守らなくては行けないポリシーがある。このポリシーに違反してしまうと、利用しているYouTubeアカウントが停止されたりペナルティが与えられることがあるのだ。特に、YouTubeチャンネルを収益化している方であれば、ポリシー違反のペナルティで収益化が取り消されてしまうかもしれない。
 これらのYouTubeポリシーは動画だけでなく、YouTubeのチャンネルアイコンなどの画像についても同様に適用されるので、YouTubeのチャンネルアイコンを作成する際にはYouTubeのポリシーに違反しないように注意が必要である。
 知らず識らずのうちにYouTubeのポリシーに違反しないように、利用者は一度はYouTubeのポリシーに目を通しておくことが大切だ。また、気が付かないうちに他者の権利を侵害しないようにするためにも、今回紹介したようなフリー素材サイトを活用して自由に利用できる素材で作品を作ることが大切になってくる。もちろんそれだけでは、オリジナリティに書ける部分もあるので、オリジナル写真やイラストを入れるとよりよい作品になることをお忘れなく。

※サムネイル画像(Image:DenPhotos / Shutterstock.com

【YouTube】チャンネルアイコンの作り方から設定方法まで解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeチャンネルアートチャンネルアイコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。