個人情報ダダ漏れ!? 「落としただけなのに」では済まないスマホ紛失時の対処法

現代のスマートフォンは、多数の連絡先やメール・メッセージアプリの記録、スマホで撮影した画像・動画などが満載の、“個人情報の塊”と言っても過言ではない代物だ。使っている分には便利だが、一度紛失してしまうと様々なリスクが発生する。
今回は、端末の捜索や遠隔からロックをかける方法、さらにはデータの全消去など、紛失した際に取るべき対処法をご紹介していく。

万が一のために、今日やっておくべきこと

(Image:Cory Woodruff / Shutterstock.com)

座った拍子にポケットからスルリと落ちることも…

 auで知られるKDDIの運営するWebマガジン「TIME&SPACE」によれば、2018年に行ったアンケートで3人に1人が「スマホを紛失した経験がある」と回答したという。さらにそのうちの3人に1人は交通機関で、4人に1人は居酒屋をはじめとした飲食店などで紛失しているといい、ビジネスパーソンにとっては「明日は我が身」と言えるほど身近な出来事であることが伺える。

 まず紛失の前に心がけるべきは、スマホにパスコードをかけること。基本的な話だが、紛失後に拾った人間が簡単に使用できる状態は避けておくべきだ。近年は顔認証や指紋認証も普及し入力の手間も解消されているため、“絶対にやっておかないといけない”対策と言っていいだろう。
 また、iPhoneなら「設定」から「iCloud」内の「iPhoneを探す」をオンに、Androidであれば「設定」から「Google」でGoogleアカウントを設定しておこう。この操作をしておくことで、紛失後のリスクが格段に違ってくるのでリスク管理として必ずやっておいてもらいたい。

個人情報ダダ漏れ!? 「落としただけなのに」では済まないスマホ紛失時の対処法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGoogleiCloudiPhoneiPhoneを探す個人情報紛失】の最新ニュースをいち早くお届けします。