【iPhone】「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されたときの解決策とは

iPhoneを利用していて「MMS機能を有効にする必要があります」が表示され困ってはいないだろうか。「MMS機能を有効にする必要があります」はiPhoneを特定の環境下で利用した場合に発生する。この問題の原因と解決する方法を紹介しよう。

【iPhone】MMS機能とは

 そもそも「MMS機能を有効にする必要があります」というエラーメッセージで言っている「MMS機能」とはなにかご存知だろうか?はじめに、「MMS機能」とはどのような機能のことを言っているのかおさらいしておこう。「MMS機能」という名前は知らなくても、「MMS機能」をすでに利用している方も多いはずだ。

・iPhoneのメッセージアプリで使える機能の一つ

 iPhoneにはメッセージアプリとして「メッセージ」と「メール」がある。今回「MMS機能を有効にする必要があります」で問題になっている「MMS機能」とは、iPhoneの「メッセージ」アプリで利用している機能のことだ。つまり、「メッセージ」アプリで「MMS機能」が利用できない(無効になっている)ため、「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されているのだ。

・SMS機能・iMessage機能との違い

 iPhoneのメッセージアプリでは「MMS機能」以外にも「SMS機能」「iMessage機能」を使ってメッセージを送受信することができる。ここで知っておきたいのが、「MMS機能」「SMS機能」「iMessage機能」の違いだ。実際に利用する場面では、iPhoneが送受信者の状況に合わせて「MMS機能」「SMS機能」「iMessage機能」を使い分けているため、利用者は「MMS機能」「SMS機能」「iMessage機能」の違いを考えることなく、メッセージアプリでメッセージを送受信することができているのだ。

 今回、「MMS機能を有効にする必要があります」でエラーの原因となっている「SMS機能」とは、イメージとしてわかりやすく表現すると一般的な「メール機能」だ。メールアドレスで送受信を行って文章だけでなく、写真などのファイルも送り合うことができる。

 対して、「SMS機能」はメールアドレスは必要なく「電話番号」だけで文章をやり取りできる。ガラケー時代にはショートメールと呼ばれていた機能だ。「SMS機能」では写真などのファイルは送受信できないが、「SMS機能」の性質上電話番号以外の情報は不要なので様々な場面で活用されている。
 最後に残る「iMessage機能」はMMS機能と同じようにメールアドレスだけで送ることもできるが、SMS機能と同様に電話番号だけで送ることもできる。しかし、条件として送受信する相手がお互いにApple製のデバイスを利用している必要がある。というのも、iMessageはAppleが提供しているメッセージサービスだからだ。ちなみにiMessageではSMS機能とは異なり、電話番号だけでも文章以外に写真などのファイルも送受信することができる。相手がAppleデバイスを利用しているのであれば、SMS機能を使うよりも便利だ。また、SMS機能の場合所定の料金が発生する場合があるがiMessageになると、データ通信量のみで送受信が可能となる。

【iPhone】「MMS機能を有効にする必要があります」とは

 「MMS機能」とはなにかわかったところで、「MMS機能を有効にする必要があります」とはどのようなエラーメッセージなのか詳しく見ていこう。iPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」が表示されて困っている方は、まずは「MMS機能を有効にする必要があります」というエラーメッセージの内容や原因を理解しておくといいだろう。

・エラーメッセージの表示内容

 「MMS機能を有効にする必要があります」というエラーメッセージは、iPhoneで「MMS機能」を利用しようとしたけど、「MMS機能」が無効になっていると判断されて有効にできなかった時に表示されるものだ。つまり、「MMS機能を有効にする必要があります」が表示されているときには、「MMS機能」を有効にすればよいと考える方が多いだろう。この原因の捉え方は間違いではないが実際には、ドコモ回線のiPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」が表示されている場合には「MMS機能」が利用できないので、「MMS機能を有効にする必要があります」エラーの対処方法にはならない。

・メッセージが送れない原因は?

 ドコモ以外の回線で「MMS機能を有効にする必要があります」エラーが表示されるときには、「MMS機能」を有効にする方法を考えなければ行けないが、ドコモ回線の場合には別の対処方法が必要になってくる。実は、ドコモ回線は「MMS機能」に非対応であるため、iPhoneをドコモ回線で利用しようとすると「MMS機能を有効にする必要があります」が表示されるのだ。

 「MMS機能」自体が非対応のため有効にできないドコモ回線のiPhoneと、「MMS機能」には対応しているが有効にできないドコモ回線以外の回線のiPhoneとでは対処方法も異なってくる。ドコモ回線のiPhoneとドコモ回線以外のiPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」エラーが表示された時に行える対処方法をそれぞれ紹介しよう。

【iPhone】「MMS機能を有効にする必要があります」の解決策【au/softbank】

 ドコモ以外の回線で利用中のiPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」エラーが表示されているときには、iPhoneの「MMS機能」が無効になっている可能性が高い。ドコモ以外の回線ではiPhoneで「MMS機能」を利用できるので、iPhoneの設定で「MMS機能」を有効にすると、「MMS機能を有効にする必要があります」を解消できる。

解消するには、設定から「メッセージ」を選択しよう

「MMSメッセージ」がオフになっていると、エラーが発生するのでオンにしよう

オンにしたら同項目下にある、MMSメールアドレスにキャリアのメールアドレスを指定しよう

【iPhone】「MMS機能を有効にする必要があります」の解決策【ドコモ】

 ドコモ回線のiPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」エラーが表示されている場合には注意が必要だ。ドコモ回線の場合は「MMS機能」にそもそも対応していない。そのため、ドコモ回線でiPhoneを利用する場合には「MMS機能」を利用できない。「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されるのも、「MMS機能」に対応していないドコモ回線で「MMS機能」を利用しようとしていることが原因だ。

 ドコモ回線自体が「MMS機能」に対応していないことが原因のため、ドコモ回線のiPhoneでは「MMS機能」を利用できない。「MMS機能」を利用しようとしても「MMS機能を有効にする必要があります」とエラー表示されてしまう。そのため、ドコモ回線では根本原因の解決はできないのだ。そこで、今回はドコモ回線で「MMS機能」の代わりに使える代替機能を紹介しよう。

・メールアプリで送る

 ドコモ回線でも「MMS機能」の代わりにメールアドレスを利用した、メールアプリは不自由なく利用できる。「MMS機能を有効にする必要があります」の原因は「MMS機能」を利用するメッセージアプリなので、メールアプリを利用してメールで連絡を行えば、「MMS機能を有効にする必要があります」は発生しない。

メールアプリであれば、各種メールアカウントが利用できる

キャリア以外のフリーメールアドレスも利用可能だ

・SMS機能で送る

 ドコモ回線でも、電話番号で文章を送受信する「SMS機能」を利用すればメッセージアプリでも連絡を行うことができる。電話番号だけで連絡が可能なので非常に便利だ。

【iPhone】「MMS機能を有効にする必要があります」の予防法

 ドコモ回線のiPhoneを利用している場合、メッセージアプリでは「SMS機能」を使うように注意していても、「MMS機能を有効にする必要があります」が表示されてしまうことがある。「MMS機能を有効にする必要があります」が表示されないようにするための予防方法を紹介する。

・設定変更で件名欄の表示をオフにする

 ドコモ回線のiPhoneでメッセージアプリ上から、メールアドレスを利用して連絡を行おうとすると「MMS機能を有効にする必要があります」が出てしまう。そのため、メッセージアプリでは連絡先で、メールアドレスを指定しないようにすることが重要だ。そのための設定として、今回はiPhoneの設定を変更して、送信先を指定する際に名前ではなく電話番号やメールアドレスを表示できるようにする方法法を紹介しよう。

件名で表示されないようにするには、メッセージの設定で「件名欄を表示」をオフにしてみよう

・電話番号とメールアドレスを登録している連絡先に注意する

 前述の通り、「MMS機能を有効にする必要があります」が表示されるのは、ドコモ回線のiPhoneでメッセージアプリを利用してメールアドレスでメールを送信しようとしたときだ。そのため、連絡先に電話番号とメールアドレスを両方登録している相手については特に注意しよう。

電話番号とメールアドレスが両方登録されている相手には要注意だ

【iPhone】「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されたときの解決策とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiMessageiPhoneMMS機能SMS】の最新ニュースをいち早くお届けします。