冬コミ(C99)は延期! コミケでよく聞く「壁サークル」「島中」「誕生日席」って何?

「島」の配置場所で人気サークルか判断できる?!

 コミケに参加するサークルには専用スペースとして机とイスが与えられるが、基本的に同じジャンルのサークルはまとめて配置されている。このかたまりを「島」と呼ぶ。一般的なサークルは「島中」と呼ばれる通路側に置かれることが多いが、同じ島でもやや人気があるサークルは島の両端にある「誕生日席」に配置されることが多い。「誕生日席」は、まるで誕生日会で主役が座る場所のように見えるため、このように呼ばれるようになったという。つまり、同じ島でも配置場所によって人気の度合いがある程度は分かるようになっているのだ。
 ただし、ジャンルによっては初参加サークルが、いきなり誕生日席に配置されることもあるので、必ずしも「誕生日席=人気サークル」ではない点は注意したい。

C97では3万2,000ものサークルが参加しているので、分かりやすくジャンルごとにまとめて配置されている。このかたまりが「島」である

「島」の大部分は通路側の「島中」と呼ばれているが、人気のあるサークルや初参加サークルが列の両端にあって目立つ「誕生日席」に配置されることが多い。また、壁側には「壁サークル」や「外周」が配置されている

オタク系イベントでよく聞く「カメコ」とは?

 コミケに限らずオタク系のイベントでは、よく「カメコ」という言葉を耳にする。「カメコ」は、今では“コスプレイヤーを撮影しているアマチュアカメラマン”のことを指す用語として定着しているが、元々は単に“写真を撮る年少者”を差す言葉であった。しかし、やがてイベントでコンパニオンやキャンペーンガールなど、露出度の高い女性を撮影しているカメラ愛好家のことを指すように変化していき、現在ではコスプレ撮影をするカメラマンの呼称となったのである。なお、「カメコ」はアマチュアのカメラマンだが、かなり高価な機材や専門的な知識を持っており、撮影技術もプロ顔負けの人も多かったりするそうだ。

多くのコスプレイヤーにとってコミケは“晴れ舞台”。そのコスプレイヤーの姿を撮影するために、「カメコ」も相当な数が集まってくる

冬コミ(C99)は延期! コミケでよく聞く「壁サークル」「島中」「誕生日席」って何?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフコミケ壁サークル島中誕生日席】の最新ニュースをいち早くお届けします。