キーボードの「CapsLock」って何のためにある? 解除できないときの対処法

キーボード入力の小文字と大文字が逆転してしまう「CapsLock」。「CapsLock」が解除できなくて焦った経験は無いだろうか。
今回は、「CapsLock」が解除できないときの対処法と、そもそもなぜ「CapsLock」があるのか紹介しよう。

「CapsLock」を解除できないときは?何のためにある?

 多くの方は「CapsLock」について、キーボードの小文字と大文字を勝手に入れ替える迷惑なキーというイメージを持っているだろう。ではなぜ、「CapsLock」キーが有るのか考えたことはあるだろうか。はじめに、「CapsLock」はなんのためにあるのか紹介しよう。

・「CapsLock」とは

 「CapsLock」とは、キーボードに単独であるキーであり、Shiftキーと同時押しすることで、キーボード入力の小文字と大文字を入れ替えることができる。通常、キーボードで英数入力していると、何もしない場合小文字が入力され、Shiftキーを押したときのみ大文字になる。それが、「CapsLock」キーが有効になると、Shiftキーを押さない状態で大文字が入力され、Shiftキーを押すと小文字になるのだ。キーボードの小文字と大文字が入れ替わるとはこのようなことだ。
 ある程度、キーボードの操作に慣れている方であれば簡単に「CapsLock」の解除ができるかと思うが、初心者の方やあまりPCに慣れていない方が「CapsLock」を有効にしてしまうと、「CapsLock」を解除できない状態でパニックになることだろう。
 中には、キーボードやパソコンが故障したと考えて、購入した家電量販店などに修理を依頼する方がいるかも知れない。その場合は受付時に「CapsLock」の解除方法を教えてもらうことになり、恥ずかしい思いをするものだ。もちろん「CapsLock」は故障ではない。

・「CapsLock」の必要性

 ではなぜ、「CapsLock」といったキーがあるのか考えたことはあるだろうか。普通に文字を入力している時に「CapsLock」キーを有効活用したことがある方は、ほとんどいないだろう。どのような時に「CapsLock」キーが便利なのか、「CapsLock」の必要性を紹介しよう。
 「CapsLock」は通常の文章作成にはほぼ必要な場面はない。しかし、キーボード入力は文章作成だけでなく、プログラミングにも利用することがある。実は、プログラミングに利用する言語の中には、大文字で入力しなければ行けない命令を含むものがあるのだ。そのため、該当する言語の開発者にとっては「CapsLock」はなくてはならない存在なのだ。
 また、パスポートやクレジットカードに表記されている、名義人をイメージしていただきたいが、これらはすべて大文字で入力されている。これらのように、開発者以外でも大文字だけの入力が必要な場面というのは意外と多くあるのだ。
 一般ユーザーからすると、「CapsLock」は邪魔なキーだと思われがちだが、世の中には「CapsLock」がなくてはならないという方も、少なからずいるのが現状だ。すでにJIS規格として策定されているものなので、今後も「CapsLock」がなくなることはないと考えられる。
 これまで、「CapsLock」キーの意味や解除方法、使い方を知らなかった方も、この機会に「CapsLock」の使い方や解除できないときの対処方法をしっかりとマスターしておこう。

キーボードの「CapsLock」って何のためにある? 解除できないときの対処法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCapsLockキーボードノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。