Googleマップ「自転車ルート」機能を実際に使って自動車、歩行者経路との違いを調べてみた!

日本では自転車を使って通勤・通学する人も多いが、2020年9月18日、「Googleマップ」の経路検索で、ようやく「自転車」が選択できるようになった。今回実装されたのは大都市だけだが、自動車や歩行者とはどのように経路が違うのか? 本当に適切な自転車の経路を案内してくれるのだろうか? そこで今回は、筆者が実際に自転車の経路検索の使い勝手を調べてみたぞ!

Googleマップがようやく「自転車」にも対応!

 初めて行く街などで、手軽に経路を検索できる便利な「Googleマップ」。アナタも普段から使っているだろうが、「自転車」での経路検索はどうだろうか? 実は、自動車でも歩行者でもない「自転車」の場合は、正直言ってGoogleマップが使いにくかった。だが、2020年9月18日、日本の「Googleマップ」の経路検索でも、ようやく「自転車」が選択できるようになったのだ。今回対応したのは、東京、神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡、静岡の10都道府県のみだが、果たして歩行者や自動車とはどのように経路が違うのだろうか? 本当に自転車に最適な経路を案内してくれるのだろうか? 

自転車も自動車と同じように道路を走る経路になるが、一方通行の道で「自転車を除く」と表記があれば、自転車は逆走することができる。果たしてGoogleマップではどのように表示されるのか?

自動車では一方通行の道は避け、グルっと迂回する経路が表示された(左写真)。これに対し、自転車は一方通行の逆走もOKなので、車より短い経路が案内されてた(右写真)。なかなか優秀!

軽車両扱いの自転車と自動車で違いが出るの?

 まず、Googleマップで「自転車」の経路を検索すると、基本的には「自動車」と同じような経路が表示される。自転車は軽車両扱いなので、車道を走るのは当然のことだ。しかし、一方通行でも「自転車を除く」とある道なら自転車は逆走して大丈夫だ。ここが自動車の経路との大きな違いなる。また、高速道路を含む自動車専用道も自転車は走行できないので、ここでも自動車と差が出るはず! そこで筆者はこの2点についてまず調べてみた。

東京湾に架かる「東京ゲートブリッジ」は自動車専用道路なので、自転車は通行できない。「自転車」でどんなルートになるのか?

羽田方面から若洲に行く場合、自動車なら「東京ゲートブリッジ」を通れば早いが、自転車では首都高湾岸線もレインボーブリッジも渡れず、かなり大回りするルートに!

Googleマップ「自転車ルート」機能を実際に使って自動車、歩行者経路との違いを調べてみた!のページです。オトナライフは、【アプリGoogleGoogleマップ】の最新ニュースをいち早くお届けします。