Googleマップ「自転車ルート」機能を実際に使って自動車、歩行者経路との違いを調べてみた!

歩行者と自転車で経路に違いが出るの?

 自動車と自転車の違いは分かったが、自転車は歩道を通ることもできる。果たして歩行者の経路との違いは出るのだろうか? 徒歩と自転車で違いが出るのは、ズバリ「階段」である。たとえば、徒歩なら陸橋を通る最短ルートが案内されるが、自転車は陸橋を通るわけにはいかない。そこで、実際に上野駅の公園口から入谷口に行く経路を検索してみたところ、やはり歩行者は線路をまたぐ陸橋を渡る経路が表示されたが、自転車は車道をグルっと回る経路が表示されたのだ。
 いかがだろうか? これまでは自転車ではやや使いにくかったGoogleマップの経路案内だが、今回のバージョンアップでは、確かに自転車に特化した経路案内が行われることが確認できた。今後は自転車のナビとしてもGoogleマップを使ってみてはいかがだろうか?

(Image:jointstar / Shutterstock.com)

数多くの路線が利用できる巨大な「上野駅」。公園口から入谷口に行く最短ルートは線路をまたぐ陸橋だが……

上野駅の公園口から入谷口に行く場合、歩行者は線路をまたいで陸橋を使うルートが案内されたが(左側)、やはり自転車は車道を迂回するルートが案内された(右写真)

Googleマップ「自転車ルート」機能を実際に使って自動車、歩行者経路との違いを調べてみた!のページです。オトナライフは、【アプリGoogleGoogleマップ】の最新ニュースをいち早くお届けします。