海外“驚き”のキャッシュレス事情! 日本にキャッシュレス決済が普及しない原因とは

 みなさんは、世界の先進国の中で日本が「キャッシュレス後進国」であることをご存知だろうか。2019年頃からQRコード決済が普及しはじめるなどキャッシュレス化が加速してきているが、それでもまだまだ世界的な水準には達していないのが現状だ。
 今回は、海外諸国のキャッシュレス決済事情をご紹介しながら、日本にキャッシュレス決済が普及しきらない原因と比較していきたい。

キャッシュレス決済大国はお隣・韓国

クレジットカードで支払うだけで節税につながることも、韓国で普及した一因だ

 2018年に大手シンクタンク・野村総合研究所が発表した「キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識」によれば、2016年の日本のキャッシュレス比率は19.8%。この結果を他の先進国と比較してみると、フランスが40.0%、アメリカ46.0%、イギリスが68.7%と日本の2倍・3倍の数値だった。1位の韓国に至っては96.4%という驚異的な結果となっており、いかに日本がキャッシュレス決済の普及に苦戦しているかがわかるだろう。

【国別キャッシュレス決済事情】

1.韓国

 経済産業省が2018年に公表した調査結果では、韓国で主流のキャッシュレス決済は「クレジットカード決済」。その割合はキャッシュレス決済全体の70%以上だ。韓国でここまでクレジットカード決済が浸透した理由は、「クレジットカードの利用総額のうち20%が所得控除になる」減税措置や、「1,000円以上のクレジット決済で宝くじに参加する権利を得られる」など、政府が消費者向けに優遇措置を制定したためだ。さらに年商240万円以上の店舗にクレジットカード決済の導入を義務化し、日本であれば現金しか使えないような個人商店でもクレジットカードが使える街づくりを推し進めたことも大きい。
 また、韓国では最高額紙幣が5万ウォン(およそ5,000円)で、「高額支払いの際に枚数がかさみ非常に不便だった」ため、カード1枚で済むクレジットカードが便利だった。という物理的な事情も存在する。

海外“驚き”のキャッシュレス事情! 日本にキャッシュレス決済が普及しない原因とはのページです。オトナライフは、【マネーPayPalQRコード決済WeChatPayアリペイキャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。