Webブラウザ拡張機能「Video DownloadHelper」の使い方、危険性や注意点も全解説!

「Video DownloadHelper」の使い方【インストール】

 「Video DownloadHelper」の使い方として、「Video DownloadHelper」のインストール方法を見ていこう。「Video DownloadHelper」はブラウザの拡張機能として利用する使い方のツールだ。そのため、「Video DownloadHelper」を利用するには「Firefox」か「Chrome」が必要となる。ただし、Chrome版「Video DownloadHelper」はYouTubeに非対応なので、「Video DownloadHelper」を利用する際にはFirefoxの利用をおすすめする。
 今回の「Video DownloadHelper」の導入方法でも操作説明にはFirefoxを利用するので、「Video DownloadHelper」の利用を考えている方は参考にしてほしい。

Firefoxで「Video DownloadHelper」を利用する際には、「Video DownloadHelper」はアドオンという扱いになる。そのため、Firefoxを起動したら画面右上のメニューボタンをクリックしてから、「アドオン」を選択して、拡張機能を探すの部分に「Video DownloadHelper」を入力して、「Video DownloadHelper」を検索しよう

「Video DownloadHelper」を検索すると、検索結果に「Video DownloadHelper」が表示されるので、「Video DownloadHelper」をクリックして、「Video DownloadHelper」のダウンロードページ移動しよう

「Video DownloadHelper」のダウンロードページに移動すると、「Video DownloadHelper」と表示されている部分に「+Firefoxへ追加」と表示されているので、その部分をクリックしよう

「Video DownloadHelper」がインストールされたら、「Video DownloadHelper」に対して、許可が必要な項目について確認画面が表示されるので、「追加」をクリックして「Video DownloadHelper」に権限を与えよう

「Video DownloadHelper」の使い方【設定項目の表示】

 「Video DownloadHelper」の使い方として、設定項目を表示する方法を見ておこう。普段「Video DownloadHelper」を利用する分には、設定項目を表示する必要はほとんどないが、「Video DownloadHelper」の詳細な設定や機能を利用するには設定項目を表示させて操作する必要がある。ちなみに設定項目を表示させるとメニューの中に「ローカルファイルの変換」という機能も表示される。実は「Video DownloadHelper」は設定項目から動画を変換することもできるのだ。これらの機能を使いたい方は、ぜひ一度「Video DownloadHelper」の設定項目の表示方法を確認しておきたい。

「Video DownloadHelper」をFirefoxに追加すると、メニューボタンの横に「Video DownloadHelper」アイコンが表示されるようになる。設定を表示するにはこのアイコンを右クリックして「Video DownloadHelper」から「設定」を選択しよう

「Video DownloadHelper」の各種設定が表示される

Webブラウザ拡張機能「Video DownloadHelper」の使い方、危険性や注意点も全解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽FirefoxGoogle ChromeVideo DownloadHelper動画/音楽のダウンロード方法拡張機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。