キャッシュレス決済で赤字支出になりやすい人の特徴3選 お得な○○に要注意!

QRコード決済が一気に台頭し“キャッシュレス元年”を迎えた2019年、みなさんの中にもQRコード決済の利用を始めた人は少なくないだろう。しかし、これまで現金払いを続けていた人は、キャッシュレス決済を利用する際に注意すべき点があるのは理解しているだろうか。
今回は、キャッシュレス決済で浪費してしまい支出過多になりやすい人の特徴と、それを未然に防ぐ対処法をお伝えしていく。

キャッシュレスのお金の動きを意識するべし

クレジットカードは、無制限に買える打ち出の小槌ではないのだ

 キャッシュレス決済といえば、お金を出さなくても買い物ができることが最大のメリットだ。極端な話、財布を家に忘れてきてもスマホを持っていればQRコード決済などで簡単に買い物ができてしまう。だが、そこに大きな落とし穴があるのだ。

【キャッシュレス決済で浪費しやすい人の特徴】

1.「お金を払っている」認識が薄い

 現金を支払っていたときは、自分で財布から必要な分だけ紙幣・硬貨を出していた。そのため1万円札を差し出してお釣りの千円札1枚を受け取ったときなど、目に見えて減っていくお金を見て心の中で「出費痛いなぁ…」とつぶやいたことのある人も多いのではないだろうか。しかしキャッシュレス決済は、その名のとおり支払い時にお金の姿を見ることはない。手続きも一瞬で完了するため、人によってはお金を使った感覚を覚えず使いすぎてしまうのだ。
 この問題の対処法として最も有効なのは「家計簿をつける」こと。その日の支出を書き出すことで数字にして出費を認識できるようになるため、「今日こんなに使っていたのか!」と視覚的に理解しやすくなるはずだ。

キャッシュレス決済で赤字支出になりやすい人の特徴3選 お得な○○に要注意!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。