キーボードの「CapsLock(キャプスロック)」キーの解除方法を解説!

Caps Lockの解除方法(ツールバーを使う場合)

「CapsLock(キャプスロック)キー」はキーボードだけでなく、Windowsの画面に表示されているツールバーからも操作できる。ツールバーからの操作を利用すれば「Shiftキー」と「CapsLock(キャプスロック)キー」の同時押しは不要だ。メリットとしては、リモートデスクトップなどで、JIS以外のキーボードを利用しているときの切替時などを上げることができる。ツールバーから操作を行えば、画面内のクリックだけで操作ができるのだ。

・Windows10以降は標準でツールバーが隠れているが画面表示させておくと便利

 Windows10ではツールバーからマウス操作で「CapsLock(キャプスロック)キー」を操作できる。しかし、Windows10ではデフォルトではツールバーが画面に表示されないようになっているのだ。
 Windows10ユーザーには「CapsLock(キャプスロック)キー」をツールバーに常時表示にすることをおすすめする。画面内に常時表示させておけば、マウス操作だけで「CapsLock(キャプスロック)キー」の解除を行うことができるので、キーボード操作時だけでなく、例えばリモートデスクトップでスマホから操作しているときにでも、解除が用意になるのだ。また、IMEを常時表示させるだけならばツールバー上でも特に邪魔になることはないだろう。

この設定を行うには、スタートボタンをクリックしてから歯車アイコンの「設定」を開こう

設定一覧が表示されるので「デバイス」をクリックだ

「デバイス」を開いたら、左側の項目から「入力」を選択後「キーボードの詳細設定」を選択だ

詳細設定を開いたら「使用可能な場合に~」にチェックを入れて、さらに言語バーのオプションを開こう

オプションがフロート表示になっていればOKだ

これでWindows10の言語バーが常時表示されるようになった

キーボードの「CapsLock(キャプスロック)」キーの解除方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCapsLockキーボードノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。