まさかの1割以下…! キャッシュレス決済導入率が低いトップに選ばれたのは○○

急速に世の中に広まり、その利便性が消費者に認知されはじめているキャッシュレス決済。現代に生きるビジネスパーソンのみなさんであれば、日々その便利さを身を持って実感していることだろう。では逆に、支払いの際にキャッシュレス決済が利用できず困った経験はあるだろうか。そんな調査を行ったところ、1位に選ばれたのは「病院・診療所」だった。
今回は、そんな医療機関におけるキャッシュレス決済の低すぎる普及率や、これから先医療機関へのキャッシュレス決済の導入は進むのか展望などをお伝えしていきたい。

医療機関は“キャッシュレス不毛地帯”

国の指導もあり大きな病院ではクレジットカード決済などが利用できるが…

 内科・外科・眼科など、街中の様々な場所で見かける医療機関。だがそのほとんどは、キャッシュレス決済に対応していないと言っても過言ではない。実は医療機関のキャッシュレス決済普及率は、キャッシュレス推進協議会の調査によればわずか6%。大学病院など大きな病院では比較的導入が進んでいるため、あなたの身近にある医療機関は6%よりさらに下回っていると考えて差し支えないだろう。つまり駅前などに多く見られる医療機関のうち、キャッシュレス決済が利用可能な場所は20件に1件あるかどうかというレベルなのだ。
 その傾向は、同じくキャッシュレス推進協議会の報告「消費者・事業者インサイト調査」でも如実にあらわれている。「キャッシュレス決済を利用したいが、利用できない場所」というアンケートで、「スーパーマーケット」や「役所・自治体等」を上回り、「病院・診療所」が1位。2位にも「歯科診療所」が入り、ワンツーフィニッシュを決める不名誉な結果を残している。

 さらに診察内容によって料金が決まる医療機関は「いくらかかるか」を前もって知ることが難しい。そのため所持金で足りるかどうか不安になりながら受診するか、イメージより多めに現金を持っていかなければならず、キャッシュレス決済非対応なことで心理的・経済的な負担も増大していると言えるだろう。

まさかの1割以下…! キャッシュレス決済導入率が低いトップに選ばれたのは○○のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス医療機関病院】の最新ニュースをいち早くお届けします。