「災害時は現金“最強”」説は本当? 緊急事態にキャッシュレス決済がもたらすメリットとは

 文明の利器・キャッシュレス決済は、ご存知の通り電子機器やネットワーク回線を使って高度な処理を行いながら決済を完了するシステムだ。そのため「キャッシュレスは災害に弱い」「災害時でも現金は万能だ」と評価をされることも少なくない。しかし実はキャッシュレス決済もただ弱いだけではなく、現金には無い災害時の強みを持っているのだ。
 今回は、災害時におけるキャッシュレス決済のメリットなどを中心にご紹介していきたい。

キャッシュレス決済は本当に有事の際に利用不能なのか

(Image:KPG_Payless / Shutterstock.com)

地震大国・日本は、災害と隣合わせと言っても過言ではない

 キャッシュレス決済は、POSレジや専用の端末など電子機器を介して決済処理をしている。停電でPOSレジが動かなくなったり、ネットワーク回線のトラブルで通信ができなくなったりすると、ほとんど利用できなくなってしまうのは間違いない。2018年9月に起こった北海道胆振東部地震でも、北海道全域に及ぶ大規模停電の影響で道内だけでなく北海道外の店舗でもキャッシュレス決済が利用できなくなったという。

 しかし大きな電力を必要とするPOSレジは使えなくなるものの、店舗に備えた予備電源ほどの小さな電力でも、小型端末を使った「mPOS」と呼ばれるタイプの決済や、客側がスマホを使って紙に印刷されたQRコードを読み取って支払う「MPM」タイプの決済は利用可能だ。これらのサービスも通信回線を必要とするが、災害時に最も早く復旧するインフラのひとつが携帯電話回線だとされているため、MPMのようにスマホを介したキャッシュレス決済であれば電気の復旧を待つことなく利用できる可能性が高い。

「災害時は現金“最強”」説は本当? 緊急事態にキャッシュレス決済がもたらすメリットとはのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス地震災害現金最強説】の最新ニュースをいち早くお届けします。