YouTubeのLIVE配信を支える「モデレーター」ってなに? どのような仕事なのか解説!

YouTubeでのLIVE配信を影で支える役割を持つ、モデレーターをご存知だろうか?YouTubeでは配信画面に映っている演者のみに注目されがちだ。しかし、裏ではモデレーターが縁の下の力持ちとして活躍している。どのように活躍しているのか見てみよう。

YouTubeの「モデレーター」とは

 YouTubeには従来の動画配信のように作成した映像を配信するサービスと、ユーザーがリアルタイムでLIVE配信を行うことができるLIVE配信機能がある。LIVE配信だけで見るとYouTubeは後発組だが、近年YouTubeのLIVE配信を利用するユーザーが急増中だ。
 YouTubeのLIVE配信には、個人ユーザーが行うような小規模なものから企業やプロダクションが行うような大規模なものまで非常に多くある。そのようなYouTubeのLIVE配信の中でも、大規模配信を支えている「モデレーター」と呼ばれる存在をご存知だろうか?
 今回は、YouTubeのLIVE配信を支えている「モデレーター」とはどのような存在なのか、仕事内容とはどのようなものか設定方法と合わせて見ていきたい。はじめに、YouTubeLIVEにおける「モデレーター」とはどのような存在なのか確認してみよう。

・LIVE配信を支える管理者的な存在

 YouTubeにおける「モデレーター」とは、YouTube上でのLIVE配信を裏で支えている管理者的な存在だ。縁の下の力持ち的な存在だが、大規模LIVE配信の場合成功させるには「モデレーター」の力が不可欠だ。
 YouTubeのLIVE配信で活躍している「モデレーター」は、演者であるYoutuberとは異なり画面上に姿を表すことはない。あくまでも、「管理者」としてYouTube上でのLIVE配信を成功に導いている。
 YouTubeのLIVE配信は一定の条件を満たすことで、一般ユーザーでも利用できる様になる。そのため、一個人が行っているような小規模なYouTubeLIVE配信では「モデレーター」と呼ばれる存在は設定されていないことも多いが、企業系やプロダクションに関連するLIVE配信、非常に人気なYoutuberによるLIVE配信の場合には「モデレーター」がLIVE配信を裏から支えていることがほとんどだ。特に近年話題のVTuberと呼ばれる、モーションキャプチャを利用した、アバターによる配信の場合には「モデレーター」を始めとした多くのサポートの手が入っている。
 しかし、「モデレーター」として最も注目したいポイントが「モデレーター」を行っているユーザーについてだ。基本的に「モデレーター」は配信者が指定した、自分のLIVE配信を見ているユーザーを「モデレーター」として指定できる。つまり、配信者が許可を行えば知らない人でも「モデレーター」に指定することができるのだ。
 そのため、「モデレーター」として仕事をしているユーザーも元々は、ただの視聴者の一人だということもある。「モデレーター」は視聴者でありながら、配信者側のユーザーとして一緒にLIVE配信を作り上げていくことができるのだ。

YouTubeのLIVE配信を支える「モデレーター」ってなに? どのような仕事なのか解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽VTuberYouTubeYouTubeLIVEモデレーター】の最新ニュースをいち早くお届けします。