えっ、残高は相続できない!? キャッシュレス決済「遺産相続」で心がけるべきポイント

 2019年頃から世の中に浸透し、爆発的に利用者が増加したQRコード決済。老若男女、性別・年代を超えて広く利用されている。ところで、そのQRコード決済をはじめとしたキャッシュレス決済について、ご両親がどんなサービスを使っているかあなたは把握しているだろうか?実は把握しているか否かで、もしご本人に万が一のことがあった場合、QRコード決済などプリペイド式の残高がどう扱われるか変わってくる可能性があるのだ。
 今回は、あなたが相続人となる際に絶対に把握しておくべき、キャッシュレス決済の相続についてお伝えしたい。

プリペイド残高は“規約上は”相続権利が無い

故人の財産を洗い出し、分割協議を経て遺産が相続される

 誰かが亡くなった際、故人の財産を遺産として分配する相続。縁起でもない話だが、30代のビジネスパーソンにとっては少しずつ現実味を帯びてくる出来事かもしれない。相続する際、現金・貯金であれば比較的簡単に等分でき、土地や金融資産も現物のままでも換金してからでも必要に応じて分配することができる。ではQRコード決済やICカード決済でチャージしていた残高は、どのように処理されるのだろうか。

 結論から言えば、プリペイド式キャッシュレス決済の残高は相続権が発生しない。例としてQRコード決済最大手「PayPay」の規約を挙げると、「第5条 権利義務などの譲渡の禁止」で「PayPay残高アカウントに関する契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部は、利用者に帰属し、利用者は、これらの権利を第三者に譲渡、貸与または相続させることはできないものとします」と2020年9月の時点で規定している。明確に「相続させられない」と宣言しているのだ。そのため「亡くなった父のアカウントに100万円分残っていました」と判明しても、その残高を相続対象に含めることはできないのだ。

えっ、残高は相続できない!? キャッシュレス決済「遺産相続」で心がけるべきポイントのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス遺産相続】の最新ニュースをいち早くお届けします。