JR「終電繰り上げ」にネットでは賛否両論の声。いったい何が変わるのか?

ネットでも意見は大きく割れる

終電が早まり深夜帯の便数が減ることで混雑も予想される

 ネット上でも終電繰り上げに対し、当事者・第三者に関わらず賛否両論の様々な意見が噴出している。「そうしたら我はどうやって帰ればいいんだろう」「終電30分繰り上げは21時半には店出ないとだめなのね」といった、これまで終電間際の電車を利用していた人々の戸惑いの声は多く聞こえてくる。また「通勤・通学で必要な人は一定数いるでしょうから、極力残して欲しいです。旅客列車は、物ではなく、人の生活を運んでいるので」「残業や夜勤で帰宅の足がなくなってしまうから、素泊まりできる施設を提供すべきだと思いますね…」など、終電利用者の利便性を案じるユーザーも少なくなかった。
 一方で、「残業も終電まで、みたいなのは時代遅れすぎる」「乗務員をはじめとする現場側にとってはせめてもの吉報になってくれるといいですね」と、繰り上げに賛同する意見も十分に存在し、半強制的にでも国の進める働き方改革を推進する効果を期待していた。

 世の中には、日常的には終電とは無関係でも休日になると外食などで長居して終電を利用する人も少なくないため、終電繰り上げに反対の立場を取る人も多いだろう。だが社会全体で見たときに、終電繰り上げがどんなメリット・デメリットを生むのか。この問題は、一人の都合ではなくもっと大局的な視点で捉える必要があるのかもしれない。

JR「終電繰り上げ」にネットでは賛否両論の声。いったい何が変わるのか?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフJR東日本終電繰り上げ】の最新ニュースをいち早くお届けします。