トリキの錬金術で話題!「GoToEat(イート)」でタダ飯を食ったうえに儲かる方法があった!!

2020年10月からスタートした「Go To Eat(イート)」。聞いたことはあるけど、内容はよく知らないという人も多のでは? 実は、「Go To Eat(イート)」を上手に利用すると、タダ飯を食えるだけでなくお小遣いまでもらえてしまうという……。これはいったいどういうことなのか? そこで今回はトリキ(鳥貴族)の錬金術で話題の「Go To Eat(イート)」について詳しく解説しよう。

そもそも「GoToEat(イート)」って何なの?

(Image:gotoeat.maff.go.jp)

 コロナ禍の影響で落ち込んだ飲食業界救済のために、2020年10月から農林水産省の主導で本格的に始まった「Go To Eat(イート)」。イマイチ何なのか分からない人も多いと思うが、利用しないとものすごく損をするので、ここでしっかり基本をおさえておこう。
 まず「Go To Eat(イート)」では、地域の登録店舗で使えるプレミアム(25%)を上乗せされた食事券の販売と、「食べログ」や「ぐるなび」などのオンライン予約サイトを利用することで、次回以降に使える1人最大1,000ptを付与する2つの事業が展開されている。いずれも、2021年1月末まで(有効期限は2021年3月末まで)だ。
 まず、プレミアム商品券は1回あたり2万円まで購入できる。2万円で2万5,000円分の食事が可能となるので非常に分かりやすい。だが、問題となっているのは後者の「オンライン飲食予約」のほうである。昼食の場合は500円、15時以降の夕食は1,000円分のポイント還元が受けられ、次回以降の予約で使えるが、実はこれを上手に使うと、無限にタダ飯を食えるうえにお小遣いまでもらえるというから驚きだ。果たしてその方法とは?

■Go To Eat(イート)の基本

【期間】2020年10月~2021年1月末
※商品券とポイントの有効期限は2021年3月末まで
【1】プレミアム商品券
25%を上乗せされた食事券を販売/1回2万円まで
【2】オンライン飲食予約でポイント還元
昼食は500pt還元/夕食(15時以降)は1,000pt還元/1回の予約で10人まで

(Image:r.gnavi.co.jp)

「ぐるなび」で夕食を予約すると、通常ポイントが来店人数1名につき100pt(ぐるなびポイントか楽天ポイント)をゲットできる。ポイントは来店翌日から8日後に付与される

(Image:restaurant.ikyu.com)

「一休.com」で予約すると10%ポイント還元が受けられる。ポイントは来店日の翌月10日に付与。また、YAhoo!JAPAN IDでログインしている場合はTポイントで受け取れる

(Image:reservation.yahoo.co.jp)

Yahoo!ロコの初回限定キャンペーンを利用すれば、PayPayボーナスライトが20%もらえる。ただし、コース予約で料金の20%、席のみ予約は1予約につき1,000円分となる。ポイント付与は来店日の翌月下旬頃だ

トリキの錬金術で話題!「GoToEat(イート)」でタダ飯を食ったうえに儲かる方法があった!!のページです。オトナライフは、【マネーGoToEatGoToキャンペーンGoToトラベル鳥貴族】の最新ニュースをいち早くお届けします。