実際、iPhoneにプラスチック製PASMO(パスモ)を移行登録してみたら超便利だった!

首都圏で利用者の多い交通系ICカード「PASMO(パスモ)」。2020年3月からAndroidスマホでは登録できていたが、いよいよ10月6日からiPhoneでも利用可能となった。そこで今回は、実際にiPhoneでプラスチック製PASMO(パスモ)を移行する手順を写真付きで紹介するほか、利用できるiPhoneやPASMOの条件など、素朴な疑問についても解説する。

まずはPASMOを登録できるiPhoneの条件を確認!

(Image:pasmo.co.jp)

 首都圏の地下鉄や私鉄・バス事業者などで運営されている交通系ICカード「PASMO(パスモ)」。2020年3月18日からスマホで利用できるようなったが、当初はAndroidスマホのみの対応であった。そして2020年10月6日、ようやくiPhone(ApplePay)でも「PASMO」が利用できるようになったのである。
 ただし、PASMOに対応するのは「iOS 14以降をインストールしたiPhone 8/8 Plus以降のiPhone」となっており、「日本向けFeLiCa対応のiPhone 7/7 Plus」は非対応なので注意しよう。
 iPhoneにPASMOを登録すると、残高での乗車や対応店舗での買い物、クレカやApple Payによる残高のチャージなどが可能となるので非常に便利だ。そこで今回は、すでに所有しているプラスチック製PASMOをiPhoneに移行する手順と注意点を紹介する。ちなみに、Apple PayのPASMO新規発行は、iPhoneの「Wallet」でも、iPhone用「PASMO」アプリのどちらからでも可能である。

【PASMO対応iPhoneの条件】
iOS 14以降のiPhone 8/8 Plus以降のiPhone

【Apple PayのPASMOで使える機能】
・プラスチック製PASMOからの移行が可能
・残高で鉄道やバスに乗れる
・残高での買い物ができる
・Apple Payによる残高チャージが可能
・クレカによる残高チャージが可能
・コンビニのレジなどで現金チャージが可能
・定期券の購入や更新が可能
・PASMOオートチャージが可能(対応クレカのみ)

iPhoneならPASMOとSuicaの切り替えも簡単にできる!

 iPhoneに登録できるPASMOは、無記名、記名式、定期券のいずれもOKだ。今回は、すでに筆者が所有しているプラスチック製PASMO(定期券)をiPhoneの「Wallet」から登録する方法を紹介しよう。
 まず、iPhoneの設定から「WalletとApple Pay」をタップ。「カードを追加」をタップして「カードの種類」では交通系ICカード「PASMO」を選択する。「金額を選択」画面では「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップして、PASMO番号と生年月日を入力しよう。最後に、iPhoneでプラスチック製PASMOをタッチ(読み込み)すると移行が完了する。この登録作業で迷う部分ははさほどないだろう。
 ちなみに、Androidスマホでは一部機種でしかSuicaとPASMOの共存ができないが、iPhoneでは、SuicaとPASMOの両方を登録して、自由に切り替えて利用することができる。これはかなり便利であった。

まず、iPhoneの設定から「WalletとApple Pay」を選択(左写真)。次に「カードを追加」をタップする(右写真)

確認画面では「続ける」をタップ(左写真)。「カードの種類」では交通系ICカード「PASMO」をタップする(右写真)

新規でPASMOを登録するならお金をここでチャージするが、すでに持っているPASMOを移行するなら「お手持ちの交通系IICカードを追加」をタップする(左写真)。PASMO番号と生年月日を入力しよう(右写真)

利用規則を確認して「同意する」をタップすると(左写真)、「残高を転送」画面が表示されるので、プラスチック製の「PASMO」をiPhoneにタッチしよう(右写真)

写真のようにiPhoneにプラスチック製のPASMOをタッチするすると、「転送中…」という表示に変わる

iPhoneで「カードが追加されました」と表示されればOK。画面右上の「完了」をタップしよう

実際、iPhoneにプラスチック製PASMO(パスモ)を移行登録してみたら超便利だった!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidICカードiPhonePASMOSuicaモバイルPASMOモバイルSuica】の最新ニュースをいち早くお届けします。