実際、iPhoneにプラスチック製PASMO(パスモ)を移行登録してみたら超便利だった!

iPhoneに移行したプラスチック製PASMOは無効になる!

 iPhoneにPASMOを移行するときに注意したいのは、移行できないPASMOもあること。「小児用」や「クレカ一体型」など、一部のPASMOは移行できないのだ。事前に確認しておこう。
 次に、iPhoneに移行したプラスチック製PASMOはその時点で無効になること。一度移行すると元には戻せないので要注意! そして、プラスチック製PASMOを購入したときには500円のデポジットを払っているが、iPhoneに移行するとデポジット分も残高に含まれて返金されるようになっている。無効になったプラスチック製PASMOを、わざわざ駅の窓口に持って行ってデポジットの返金請求をする必要はないのである。

「WalletとApple Pay」から交通系ICカード「エクスプレスカード」をタップ(左写真)。すると、SuicaとPASMOのどちらかを選択して利用することが可能となる。これは便利!(右写真)

(Image:pasmo.co.jp)

移行できるPASMOは無記名PASMO、記名PASMO、PASMO定期券のみ。特殊なPASMOは移行できないことがあるので注意しよう

●PASMO「Apple PayのPASMOをはじめる」(公式)は→こちら

実際、iPhoneにプラスチック製PASMO(パスモ)を移行登録してみたら超便利だった!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidICカードiPhonePASMOSuicaモバイルPASMOモバイルSuica】の最新ニュースをいち早くお届けします。