【Amazon】注文した商品が届かないときに保証を使って返金する方法!

【Amazon】商品が届かないときに保証を使って返金する方法

(Image:Ascannio / Shutterstock.com)

 Amazonマーケトップレイスで販売されている商品には、Amazonマーケトップレイス保証が付属している。Amazonマーケトップレイス保証には、Amazonマーケトップレイスで販売した商品に対する30日間の返品・返金保証や届かない場合の返金保証が含まれている。そのため、Amazonマーケトップレイスで購入した商品が届かない場合でも、しっかりとカスタマーサービスに連絡して返金申請・返金処理を行えば、支払った金額を取り戻すことができる。
 Amazon自身が販売する商品は、届かないなどのトラブル時の対応として、返金以外にも同じ商品の再送というオプションも選択できた。しかし、Amazonマーケトップレイスに出品されている商品は、Amazonが発送を代行する商品も含めて、Amazonは再送という対応はできない。そのため、Amazonマーケトップレイスでの届かないというトラブル処理では、返金という処理方法になる。

・Amazonマーケットプレイス保証で返金処理を行う

 Amazonマーケトップレイスで購入した商品が届かない場合や出品者と連絡が取れないときには、Amazonマーケトップレイス保証を使って返金申請・返金処理を行おう。出品者と連絡が取れない場合でも、Amazon側がAmazonマーケトップレイス保証の返金申請を受理して返金処理を行ってくれる。

以前までは、マーケトップレイス保証申請専用のフォームがあったが現在は「商品の返品」フォームにまとめられている。ここからAmazonマーケトップレイス保証を申請して返金を受けよう

・Amazonマーケットプレイス保証の申請対象は?

 Amazonマーケトップレイス保証を申請するには申請のための条件がある。申請対象となるAmazonマーケトップレイスでの注文を紹介しよう。Amazonマーケトップレイス保証を申請する場合には、予め出品者に対して問題に関して連絡を行っておく必要がある。また、連絡後は出品者がその連絡に対応するまでの時間として、48時間待つようにAmazonマーケトップレイス保証で定められている。そのため、Amazonマーケトップレイスの商品が届かないからといって、出品者への連絡なしにいきなりAmazonマーケトップレイス保証を申請することはできないのだ。48時間以内に回答がなかったり解決しない場合には、Amazonマーケトップレイス保証を申請しよう。
 また、出品者に対して連絡を行っても申請には3つの条件がある。この3つの申請条件のいずれかを満たさなければAmazonマーケトップレイス保証を申請することはできない。
 一つ目の申請条件として、「現在商品が届いていない状態で、予定日の最終または配送ステータスが配達完了となった日から3日経過している」という条件がある。そのため、予定日を過ぎても3日間は待つようにしてみよう。
 二つ目の申請条件には、「違う商品が届き返品リクエストした」、三つ目の申請条件には「商品を返品したのに、返金してくれない」といった申請条件が並ぶ。
 今回の、購入した商品が届かないというトラブルについては、これらの申請条件の一つ目に当てはまるので、この申請条件に当てはまった時点でAmazonマーケトップレイス保証の申請を行い、返金処理してもらおう。

【Amazon】注文した商品が届かないときに保証を使って返金する方法!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonAmazonプライムマーケットプレイス】の最新ニュースをいち早くお届けします。