【危険!】ニセの「Chrome」アプリがインストールされる配送業者を装うSMSの手口とは

ソフトバンクでは「配送業者を装ったSMSのURLにアクセスすると、ニセChromeアプリがスマホにインストールされる恐れがある」と警告を出している。これはいったいどういうことなのか? どうやってニセアプリがインストールされるというのか? そこで今回は、最近増えている配送業者を装ったSMSの恐ろしい手口を紹介しよう。

配送業者を装ったニセの不在通知に気を付けろ!

(Image:softbank.jp)

 2020年10月5日、ソフトバンクは「配送業者などを装ったメールやSMSが届き、記載されているURLにアクセスすると、ニセのChromeアプリがインストールされる」と警告している。自分のスマホにニセアプリがインストールされるとは恐ろしい……。いったいどんな手口を使っているのだろうか?
 最近、コロナ禍の影響もあってAmazonや楽天市場といったネット通販で買い物することが増えている。そこでハッカーたちは配送業者を装ったメールやSMSを送りつけてくるのだ。このメールやSMSのタイトルは「不在通知」となっているので、何の疑いも持たずに表示されたURLをタップすると、本物そっくりなサイトに誘導される。そして、ニセのChromeアプリをインストールさせられるというわけである。当然、このニセChromeを操作すると、個人情報をごっそり盗まれてしまう。このような詐欺メールやSMSには十分気を付けよう。

(Image:softbank.jp)

配送業者などを装ったメールやSMSに記載されているURLをタップすると、ブラウザプリでこのような画面が表示される場合がある。決してこれ以上先に進んではいけない!(ソフトバンク公式サイトより転載)

(Image:softbank.jp)

もし、警告を無視して操作を続けると、本物そっくりな「Chrome」アプリが勝手にインストールされるという。恐ろしい……(ソフトバンク公式サイトより転載)

(Image:softbank.jp)

ニセChromeを操作すると、このようなポップアップが表示され、操作を続けると個人情報を抜き取られる恐れがある(ソフトバンク公式サイトより転載)

【危険!】ニセの「Chrome」アプリがインストールされる配送業者を装うSMSの手口とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleSMSアプリニセChromeフィッシング詐欺詐欺詐欺アプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。