QRコード決済「還元祭り終了」でブーム終焉!? さらなる普及のカギとは?

ここ数年で一気に身近なサービスとなったQRコード決済。2019年から2020年にかけて、「キャッシュレス・消費者還元事業」や各企業のポイント還元キャンペーンなど、消費者におトクなキャンペーンもあって利用者層も急拡大した。しかし2020年9月に発表されたデータによれば、ここ数ヶ月はキャッシュレス決済の利用幅は横ばい傾向にあるという。まだまだ“キャッシュレス後進国”と呼ばれるレベルの日本で、キャッシュレス決済はどこまで受け入れられるのだろうか。
今回はキャッシュレス決済の普及具合や、今後さらに一般化させるにあたって何が必要化を考えていきたい。

キャッシュレス決済普及もその浸透速度は鈍化している

頭打ちの利用状況を打破する手立てはあるのか

 マーケティング会社のイプソスが2020年1月から毎月行っている決済手段の利用状況調査によると、今年に入りキャッシュレス化・現金離れはしっかり進んでいる。1月の調査では42.7%だった現金決済での支払金額は、8月には38.5%まで減少。対してクレジットカード決済は41.2%から43.9%、QRコード決済も8.4%から10.8%に上昇しておりキャッシュレス決済の浸透が見て取れる。
 順調そうに見えるキャッシュレス化だが、実は月ごとに見てみると5月まで毎月1ポイント程度減少していた現金決済が、6月以降は小幅な上げ下げが続き停滞している。QRコード決済も3月に10%の壁を超えて以降はそのまま10%台をさまよっている状況だ。

QRコード決済「還元祭り終了」でブーム終焉!? さらなる普及のカギとは?のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスクレカ消費者還元事業】の最新ニュースをいち早くお届けします。