QRコード決済「還元祭り終了」でブーム終焉!? さらなる普及のカギとは?

還元祭りはひとまず終息か

取扱店舗数も付加価値のひとつには違いない

 2020年6月といえば、国のキャッシュレス・消費者還元事業が終了した月だ。さらにQRコード決済の運営各社が競うように行った出血大サービスのポイント還元キャンペーンも、現在は落ち着いてきている。国の後押しも無くなり、どのサービスも新規利用者の獲得からサービスの満足度向上に舵を切っているこのタイミングでは爆発的な増加は見込めないだろう。

 大盤振る舞いのおトクをエサに新規の利用者を呼び込む時期が終わりを迎えた今、次はサービスの利便性・充実度といった付加価値で利用者を常連化させることに注力するフェーズに入ってきたのだろう。例えば、決済に使える提携オンラインサービスの充実や、アプリ上でタクシーの配車ができるような、キャッシュレス決済に紐づいた便利な機能の搭載が現在進んでいる。一度入ってきた顧客を逃さないことも、商売において大切なことだ。
 しかし囲い込み一辺倒になると、今度は「2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%まで引き上げる」という目標を掲げている国から、「もっと利用者を増やすように」と尻を叩かれかねない。不要なツッコミを避けるため、今後は便利な多彩な付加価値を追加しながら、CMなどでその利便性・充実度を世間に周知して未利用者の新規流入を図っていく可能性も考えられる。
 そんな未来が訪れたとき、サービスを使っていない“外側”の人間から見ても「使い勝手が良さそうだ」と感じられるサービスが新たなQRコード決済業界の覇者となるだろう。求められるのは、利用者のニーズを見抜く分析力とそれを広く知らせるPR力。今後の業界の動向に注目していきたい。

参照元:キャッシュレス停滞!キャッシュレス決済マンスリー調査9月調査結果を発表【Ipsos】

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

QRコード決済「還元祭り終了」でブーム終焉!? さらなる普及のカギとは?のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスクレカ消費者還元事業】の最新ニュースをいち早くお届けします。