トップシェアのPayPayすらも浸透しきってない若者のキャッシュレス利用率が低いワケとは

みなさんは“若者”と聞くと、どのような人物像を思い浮かべるだろうか。どこにいてもスマホで音楽や映画を楽しんでいて、年上の世代には難解な流行を当たり前のように理解できて、何よりも最新技術を見事に使いこなしている。少なくとも筆者の抱いているイメージはこのような感じだ。だが実は、若者たちの間ではいま話題のキャッシュレス決済の利用率は驚くほど低く、現金派の意見も根強いのだという。
今回は、そんな若者たちのキャッシュレス決済との関わり方をご紹介していきたい。

若者の“キャッシュレス決済”離れ

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

QRコード決済業界で断トツのシェアを誇るPayPayも浸透しきっていないようだ

 「au PAY」のCMで高校生に扮するタレントがQRコード決済を使いこなしているように、「世に出た新しいサービスを真っ先に使っている層」と思われがちな若者世代。しかし意外にも、キャッシュレス化の進む現代でいまだに現金を使う割合が高いのだという。SHIBUYA109エンタテイメントが18歳から24歳までの男女を対象に行ったオンライン調査によると、76.5%もの回答者が実店舗で買い物をする際の支払いに現金決済を利用していると答えたという。実に4人に3人以上が現金に頼った生活をしている実態が浮き彫りとなった。一方でQRコード決済の利用率は40.5%。世間的に見れば低い数字ではないのだが、筆者が想像していた「ほぼ全員が使うほど浸透している」と表現するには程遠い普及率だ。

トップシェアのPayPayすらも浸透しきってない若者のキャッシュレス利用率が低いワケとはのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。