○○ランキングも独占! ブレない日本のiPhone人気。ガラパゴス化待ったなし!

スマホでもガラパゴス化する日本

まだまだガラケーユーザーも少なくない

 iPhone人気といえば、新機種が発売されるたびにApple Storeの前に行列ができる光景を覚えている方も少なくないだろう。ビジネスパーソンの間でも、「iPhoneとAndroidの2台持ち」という文化が流行した時期もあった。Android利用者の場合は、家電量販店でスマホケースなどスマホアクセサリーを探すのに苦労した経験があるのではないだろうか。
 実際、iPhoneのシェアはこれまで調査のたびに毎回Androidを上回っており、一説によれば70%近いシェア率を獲得していた時期もあったという。

 日本では圧倒的なシェアを誇るiPhoneだが、世界的に見た場合の存在感はどの程度なのか。統計データを掲載している「StatCounter」で確認すると、世界で利用されているスマホOSはここ1年ずっとAndroidのOSが75%前後を占めながら安定した首位に立っている。一方、iPhoneに搭載されたiOSは25%台を推移。日本とは真逆の結果だ。国別に見ても、iOSが優勢なのは日本やアメリカ、カナダなど一部の地域だけで、欧州などではAndroidが強いのだ。

 かつてスマホが登場する前にも、独自の進化を遂げた「ガラパゴス携帯(ガラケー)」として知られた日本の携帯電話文化。ガラケーからスマホに変わった現代でも、独自色は色濃く残っているようだ。日本のブレないiPhone信奉文化は、まだまだそのオリジナリティを高めていきそうだ。

参照元:2020年9月の中古スマホ取引数ランキング【ムスビー】

※サムネイル画像(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com

○○ランキングも独占! ブレない日本のiPhone人気。ガラパゴス化待ったなし!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneガラケーガラパゴス携帯】の最新ニュースをいち早くお届けします。