日本から○○が消えるのはいつ? キャッシュレス後進国日本はもはや周回遅れに

日本の完全キャッシュレスはまだまだ先か

日本から現金が消える日はいつになるのか

 キャッシュレス決済が完全導入された社会とは、いったいどういうものだろうか。当然ながら、紙幣や硬貨は存在しない。コンビニやスーパーのレジからは現金を保管する空間が消え、現金を受け渡すためのトレーも消えるだろう。街中の自販機や券売機などでもキャッシュレス決済を読み取るための通信機器が設置されただけの簡素な設計になり、それまで現金を保管していたスペースが不要となり小型化や多機能化が進むかもしれない。

 しかし経済産業省の報告によれば、2016年時点の日本のキャッシュレス決済比率は19.9%。他の先進国が軒並み40%~60%台という中でもはや周回遅れ、「キャッシュレス後進国」とも言われるほどにキャッシュレス化の進んでいない国でもある。現在も「2025年までに比率を40%にまで高める」ことを目標に掲げているが、今なお達成できるのか疑問視する声が絶えない。そんな日本の完全キャッシュレス化は、マレーシアの何年後に達成できるのだろうか。今後の普及展開を気長に待っていきたい。

参照元:キャッシュレス決済、2030年までに完全導入=調査【AsiaX】

日本から○○が消えるのはいつ? キャッシュレス後進国日本はもはや周回遅れにのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスキャッシュレス後進国マレーシア】の最新ニュースをいち早くお届けします。