ムダな企業努力?「打倒PayPay」の各QRコード決済サービスが、いま本当にすべきこと

数あるQRコード決済サービスの中でも、「PayPay」が突出した存在感を放っていることに異論のある人は少ないのではないだろうか。QRコード決済の中で断トツのシェアを誇り、対応店舗数も他のサービスを圧倒している。だが、そんな多数のユーザーは果たしてなんの不満もなく利用しているのだろうか?
今回はPayPayの利用者を対象としたアンケートの結果から、PayPayの長所・短所や、他サービスが取り組むべき“打倒PayPay”の方針を考えてみたい。

PayPayの利用者アンケートでニーズが浮き彫りに

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

PayPayは街中でも積極的な利用者勧誘でそのシェアを伸ばした

 PayPayといえば、「100億円あげちゃうキャンペーン」など世間の注目を集める還元キャンペーンを次々と打ち出し、テレビを見ていても様々な番組でCMを見かけることでもよく知られている。積極的な話題作りが功を奏し、現在ではQRコード決済の中で50%以上のシェアを占めているという。

 そんなPayPayの利用者の本音を調べたのが、お金に関する情報を発信するウェブメディア「まねーぶ」。2020年8~9月に、「PayPayを選んだ理由・使ってみてよかった点」や「よく利用する店舗」、「満足・不満足の声」などを調査している。
 QRコード決済の中でPayPayを選んだ理由として上位に挙げられたのは、1位「使えるお店が多い」、2位「ポイント還元率が良い」だった。この2つは「使ってみて良かった点」でも同様に1位・2位となっており、利用前・利用後でイメージと実情がかけ離れていないことを意味している。加えて取扱店舗の多さは利用後のほうが得票数が増えており、想像していた以上に街中に浸透していた様子が伺える。

ムダな企業努力?「打倒PayPay」の各QRコード決済サービスが、いま本当にすべきことのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。