LZHの圧縮ファイルを解凍・展開できないときの原因と対処法を解説!

LZHで圧縮されて送られてきたファイルを、解凍・展開できないときの原因をご存知だろうか?
LZHファイルを解凍・展開する方法を紹介するので、圧縮ファイルLZHでお悩みの方は、これから紹介する原因と対処法をぜひ参考にしてもらいたい。

Windowsの標準機能でLZHの圧縮ファイルを解凍/展開できない原因は?

(Image:Lastroll / Shutterstock.com)

 LZH圧縮ファイルでファイルのやり取りをしていないだろうか。以前までであれば、LZH圧縮ファイルはWindowsの標準機能で、解凍・展開できた。そのため、まだまだメールなどでのファイル送信にLZH圧縮ファイルを利用している方も多いだろう。
 実は、LZH圧縮ファイルを作成した側はLZH圧縮ファイルを不自由なく、解凍・展開できても受取先のWindowsでは、LZH圧縮ファイルが解凍・展開できない可能性がある。逆に、LZH圧縮ファイルを受け取った場合も同様だ。送信元ではLZH圧縮ファイルを不自由なく解凍・展開できても、受信した自分の環境でLZH圧縮ファイルが解凍・展開できなければ、LZH圧縮ファイルを開くことはできない。
 はじめに、なぜ同じWindows環境でもLZH圧縮ファイルが解凍・展開できたり、できない場合があるのかを確認しておこう。

・原因【1】LZHファイルの脆弱性

 LZH圧縮ファイルは、最新のWindowsでは別途、解凍・展開ソフトを入れなければ解凍・展開することはできない。ではなぜ、そのような不便さがありながらLZH圧縮ファイルは利用されているのだろうか。原因は、LZH圧縮ファイルの脆弱性にある。
 LZH圧縮ファイルは、現在のWindowsには解凍・展開機能は無いためソフトなしに開くことはできないが、2017年頃までのWindows10であれば標準の機能で、LZH圧縮ファイルの解凍・展開に対応していた。そのため、まだバージョンの古いWindowsを利用している方が、LZH圧縮ファイルの脆弱性のことを知らずに、特別なソフトなしにWindows機能で利用できると思い、LZH圧縮ファイルを利用している可能性がある。
 LZH圧縮ファイルに存在する脆弱性が原因で、LZH圧縮ファイルの脆弱性に対応した、Windows以降では標準機能でLZH圧縮ファイルを解凍・展開することはできないということを覚えておこう。

・原因【2】Creators Update

 前述のLZH圧縮ファイルが解凍・展開できない原因では、LZH圧縮ファイルの脆弱性を紹介した。これに対応したWindows10のアップデートが「Creators Update」だ。このアップデートでは、セキュリティ更新以外でも様々な修正や機能追加が行われた。
 LZH圧縮ファイルの解凍・展開機能の対応は、「Creators Update」で失われたものだ。そのため、突然LZH圧縮ファイルが解凍・圧縮できない状態に陥ったときには、原因としてアップデートで「Creators Update」がインストールされてしまったことも考えられる。

LZHの圧縮ファイルを解凍・展開できないときの原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスLhaplusLZHUnpackerwindows10ノートパソコンパソコン圧縮ファイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。