Twitter(ツイッター)の言語を日本語に設定する方法を解説!

【Twitter】英語表示から言語を日本語に設定する方法(スマホブラウザの場合)

 iPhoneやAndroidなどスマホでTwitter(ツイッター)を利用するには、アプリを使う方も多いが、実はiPhone・Androidにインストールされているブラウザからも操作できる。通常、iPhoneの場合「Safari」、Androidの場合「Chrome」がデフォルトでインストールされている。iPhone・AndroidからTwitterの表示言語を英語から日本語にする場合、iPhone・Androidの場合実はアプリよりもブラウザから行ったほうが楽である。
 後ほどアプリ版Twitterで表示言語を変更する方法を紹介するが、その場合iPhone・Android自体の設定を操作する。その点、ブラウザからTwitterの言語設定を変更して日本語にするやり方であれば、Twitter上の表示言語だけを変更できるので簡単に操作することが可能だ。また、変更方法もPC版とほとんど変わらないので、PC版のTwitterに慣れている方であれば、iPhone・Androidの場合でもブラウザからPC版とほぼ同じ操作で迷わずに、表示言語を変更・設定することが可能だ。

スマホブラウザでTwitterの言語設定を変更する方法も基本的にはPC版と操作は変わらない。スマホブラウザではメニューを表示させるために、画面左上の自分のアイコンをタップする

各種メニューが表示されているので「Settings and privacy」をタップしよう

「Settings and privacy」にアクセスしたら、自分のTwitter IDの下にある「Account」を選択しよう

「Account」を選択すると、プライバシー設定情報が表示される。画面下部に「Data and permissions」の項目があるので「Display Language」を選択しよう

「Display Language」を選択すると現在設定されている言語が表示される。言語部分をタップしてプルダウンメニューから「Japanese – 日本語」を選択しよう。これで日本語設定は完了だ

Twitter(ツイッター)の言語を日本語に設定する方法を解説!のページです。オトナライフは、【SNSAndroidiPhoneTwitter設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。