Twitter(ツイッター)の言語を日本語に設定する方法を解説!

【Twitter】英語表示から言語を日本語に設定する方法(アプリの場合)

 iPhoneやAndroidといったスマホでTwitterを利用している方の多くはアプリを利用しているだろう。アプリのTwitterが英語表示になっているときには、PCやブラウザ版Twitterと異なる方法で表示言語の設定変更が必要だ。iPhoneの場合とAndroidの場合で異なる設定方法があるので、それぞれ分けて表示言語の設定方法を紹介しよう。

・iPhoneの場合

 iPhoneのTwitterアプリは表示言語の設定をiPhoneの設定から読み取って自動設定している。また、iPhoneには主言語と副言語を設定できる。Twitterは主言語・副言語のどれかの言語を表示言語として利用するため、iPhoneの表示は日本語でもTwitterアプリでは、副言語に設定されている英語で表示される可能性がある。
 つまり、iPhoneでTwitterが英語表示になるのはiPhoneの設定が原因なのだ。これから、iPhoneの設定を変更してTwitterの表示言語を日本語にする方法を紹介しよう。Twitterアプリから設定を行うことはできないので注意しておきたい。

iPhoneのTwitterアプリ上での言語設定を行うには、iPhoneの「設定」を開き設定画面をスクロールして「Twitter」を探し出そう。「Twitter」を見つけたらタップして「Twitter」設定画面に入る

「Twitter」の設定画面に入ると、優先する言語という項目があるのでその部分をタップする

現在、Twitterアプリで言語として利用されている言語が表示されるので、「日本語」を選択しよう。これでTwitterアプリの言語も日本語になる

・Androidの場合

 Androidの場合、Twitterアプリでは表示言語としてシステムで設定されている言語と同じ言語が自動で設定される。つまり、Androidでシステムの言語設定を英語にしているとTwitterも自動的に英語設定になってしまうのだ。今回、AndroidのTwitterアプリでログインしてみて英語表示だった方は、Androidではシステムの言語に英語を設定指定している環境だと分かる。
 つまり、AndroidのTwitterアプリではシステムの言語を日本語に設定しなければ、Twitterアプリは日本語表示にならないのだ。当然、この場合システムの言語も日本語になってしまうので、Androidを英語で利用している方はどちらに合わせるかを選択しなければ行けない。片方を日本語にして、片方を英語にすることはできない点に注意しておきたい。

Androidの場合、Twitterアプリが英語の時はシステムの言語も英語になっている。そのため、英語版Androidでの操作を紹介する。はじめに「Setting」をから設定を開き「System」を選択しよう

「System」を選択すると「Languages & input」という項目があるので「Languages & input」を選択する

言語と入力設定が表示されるので、「Languages」を選択する

言語設定画面に入る。この画面にEnglish(日本語以外の言語)がなければ「Add a language」から日本語を追加し、2番目以降に日本語がある場合には、日本語を1番目に設定しよう

日本語を1番目に設定すると、システムの言語も日本語に変更される

Twitter(ツイッター)の言語を日本語に設定する方法を解説!のページです。オトナライフは、【SNSAndroidiPhoneTwitter設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。