新型iPhone 12日本版は「ミリ波」非対応!“なんちゃって5G”でも買って大丈夫なの?

2020年10月14日、Appleは5G対応の新型iPhone 12の4機種を発表した。「ようやく5G対応のiPhoneが登場した!」と喜んだファンも多いと思うが、蓋を開けてみれば、日本版は「ミリ波」非対応の“なんちゃって5G”だったため、がっかりした人も多かったようだ。そこで今回は、新型iPhone 12日本版の5Gについて解説したいと思う。果たして新型iPhone 12は買いなのか?

新型iPhone 12日本版は“なんちゃって5G”?

(Image:apple.com)

 日本でも超高速の「5G(第5世代移動通信システム)」がスタートしているのは皆さんご存じだろう。5Gについては→こちらを参考にしてほしいが、ざっくり言えば従来の4Gよりも20倍も高速なデータ通信規格である。そこで、iPhoneユーザーは、次のiPhone 12では5Gに対応してくれるだろうと期待していたのだ。
 そして、例年より1カ月遅れの2020年10月14日、Appleは待望の新型iPhone 12の4機種を発表した。4機種とも新デザイン・新ディスプレイを採用した魅力的なモデルなのに大幅な値上げはなく、iPhone12 miniなら7万4,800円から購入できる。もちろん全機種5G対応なので、iPhoneユーザーは大喜びで新型に買い替えると思いきや、実はそうでもないようなのだ。その理由は新型iPhone 12日本版が対応する5Gが、実は「ミリ波」に対応しない“なんちゃって5Gではないか?”ということなのである……。

(Image:apple.com)

最速のA14 Bionicチップ搭載、ワイドなOLEDディスプレイの採用、より高性能になったカメラ、4倍向上した耐落下性能など、魅力満載のiPhone 12だが……

新型iPhone 12日本版は「ミリ波」非対応!“なんちゃって5G”でも買って大丈夫なの?のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GiPhoneiPhone12Sub6ミリ波】の最新ニュースをいち早くお届けします。