【質問箱(Peing)】SNSなどで質問を送ってきた相手を特定する方法!

【質問箱】Peingで質問を送ってきた相手を特定する方法

 「質問箱(Peing)」で質問を送ってきた相手を特定する方法をいくつか紹介しよう。「質問箱(Peing)」公式で相手を特定する方法が提供されていない中で、「質問箱(Peing)」で相手を特定するには、いくつかの手がかりから相手を推定して特定していく必要がある。本項では、「質問箱(Peing)」で質問を送ってきた相手を特定する際に注目していきたい特定のポイントを方法として紹介する。

・方法【1】IPアドレス

 質問を送ってきた相手を特定するための重要なポイントとして、「IPアドレス」の特定がある。IPアドレスとは、インターネット上で特定の接続に対して一意に与えられるアドレスのことだ。IPアドレスが特定できれば、特定したIPアドレスを発行したプロバイダなどに残されれている痕跡から、そのIPアドレスを利用していたユーザーを特定することができる。
 しかし、「質問箱(Peing)」に質問を送ってきた相手のIPアドレスを特定することは非常に困難だ。「質問箱(Peing)」に質問を送ってきた相手のIPアドレスは、「質問箱(Peing)」のサーバーに残されているが、これを開示してもらうには情報開示請求を行う必要がある。また、通常警察等の法的機関の命令がなければ情報開示請求には従わないので個人で行うには難易度が高い。誹謗中傷などの対処としてIPアドレスの特定を行うに場合には、まずは警察や弁護士に相談してみよう。
 また、IPアドレスを特定することは迷惑行為を行っている相手を特定するための大きな一歩であり、証拠にもなる情報だがIPアドレスを特定できたからと言って、必ずしも相手を特定できるとは限らない。相手が切れ者でIPアドレスの偽装などを行っていた場合には、IPアドレスを特定しても相手の特定には困難を極めるからだ。

・方法【2】アプリ

 「質問箱(Peing)」のサービス開始初期には、「質問箱(Peing)」の質問相手を特定できるアプリが存在したようだ。しかし、現在は有効な特定アプリは配布されていないので特定アプリを使う方法は、昔ダウンロードした特定アプリを持っているユーザーに限られる。また、現在もその特定アプリが機能するかはわからないので、特定アプリにはあまり期待しないほうがよいだろう。別の特定方法を検討してみよう。

・方法【3】質問内容

 一般的なユーザーでも相手を特定しやすい方法として、「質問内容」から相手を辿っていく方法がある。例えば、誹謗中傷の迷惑行為を受けた倍には誹謗中傷の質問内容から、そのような迷惑行為をするような近くの人を推測して特定する方法だ。
 また、「質問箱(Peing)」は通常SNSを利用して質問を募集する。そのため、誹謗中傷などの迷惑行為を行っているユーザーも自分のSNSのフォロワーにいる可能性が高いのだ。質問内容から、特定のフォロワーしか知らないような内容を読み解く事ができれば特定への近道になる。
 また、ある程度特定ができている場合には、その特定のユーザーが反応しそうなことをあえて「質問箱(Peing)」上で行ってみたり、特定のユーザーに対して直接聞き取りを行ってみてもよいだろう。

・方法【4】DM

 「質問箱(Peing)」の有料オプションになるが、「質問箱(Peing)」には特定の相手にDMを送る機能がある。匿名の質問に対するDMのため返信があるかはわからないが、返信が合った場合相手の特定のヒントになるようなやり取りが生まれる可能性がある。特定する際には、特定の相手しか知らない情報を聞き出すことができないか試してみよう。

【質問箱(Peing)】SNSなどで質問を送ってきた相手を特定する方法!のページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramSNSTwitter誹謗中傷質問箱】の最新ニュースをいち早くお届けします。